鯨ヶ丘の詩

0 お気に入りチラシにする

ヒガンノジカン

シアターシャイン(東京都)

2019/12/11 (水) ~ 2019/12/15 (日) 開幕前

上演時間:

歌を歌え  息あるうちは ――
鯨の形をした丘の上に商店が立ち並ぶ鯨ヶ丘。かつて栄えたがいまは時の流れに置きざりにされ、静まりかえっている。が、ふと転がった古びたボールのたてた小さな波紋が、それぞれの人生をまきこんだ大きなうねりとなってふくらんでゆく。このうねりは、鯨の起こす大波、鯨波となっ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演スケジュール

12/11 12/12 12/13 12/14 12/15
14:00
19:00

公演詳細

期間 2019/12/11 (水) ~ 2019/12/15 (日)
劇場 シアターシャイン
出演 鈴木大倫(平泳ぎ本店)、北澤小枝子(HANATOMO演仕屋)、藤本貴行、一見直樹、高橋雄一(企画演劇集団ボクラ団義)
脚本 柳瀬昌計
演出 柳瀬昌計
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,000円
【発売日】2019/09/01
一般…3000円
学生…2500円
サイト

http://higannojikan.sakura.ne.jp

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12月11日(水)19:00
12月12日(木)14:00/19:00
12月13日(金)14:00/19:00
12月14日(土)14:00/19:00
12月15日(日)14:00
説明 歌を歌え  息あるうちは ――
鯨の形をした丘の上に商店が立ち並ぶ鯨ヶ丘。かつて栄えたがいまは時の流れに置きざりにされ、静まりかえっている。が、ふと転がった古びたボールのたてた小さな波紋が、それぞれの人生をまきこんだ大きなうねりとなってふくらんでゆく。このうねりは、鯨の起こす大波、鯨波となってとどろくのだろうか。
その他注意事項 ●JR中央線「阿佐ヶ谷」駅徒歩7分 ※休日ダイヤの快速は未停車
東京メトロ丸ノ内線「南阿佐ヶ谷」駅徒歩2分
●駐車スペースはありませんので、車でのご来場はお控えください
●小学生未満のお子様はご入場できません
スタッフ 舞台監督…宇田川大介
照明…阿久津未歩(LICHT-ER)
音響…齋田吾朗
制作…ヒガンノジカン

[情報提供] 2019/02/03 09:16 by 柳瀬昌計

[最終更新] 2019/10/21 02:07 by 柳瀬昌計

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 「鯨ヶ丘の詩」5日後初日*.・ ー アメブロを更新しました https://t.co/goLaZXK4hj

    約10時間前

  2. 【公演間近!】ヒガンノジカン「鯨ヶ丘の詩」 12月11日(水)~ @シアターシャイン https://t.co/r9qITRURCQ

    Ek7brqmwkaa5euq

    2日前

  3. 【今月のボクラ団義メンバー活動③】 ●高橋雄一 出演 ヒガンノジカン公演 『鯨ヶ丘の詩』 2019/12/11〜15 於:シアターシャイン https://t.co/DilrtPXc9s

    Ekv6vxcvaaaittd Ekv6vyduuaefndx

    4日前

  4. @GHidevo コメントありがとうございます*.・ 「鯨ヶ丘の詩」は、歌劇ではなくストレートプレイです。 ストレートはあまりお好きではないですかね?

    9日前

  5. ガツガツ稽古が進んでおります。 擦り合わせ擦り合わせ、より深め、より深め・・・ まだまだたんねぇぜ! ヒガンノジカン 『鯨ヶ丘の詩』 阿佐ヶ谷シアターシャインにて 12月11日〜15日 ご予約はこちらから! https://t.co/HUK0Y355hu

    10日前

  6. ☆出演情報☆ ○12/11〜15 ヒガンノジカン「鯨ヶ丘の詩」 @阿佐ヶ谷シアターシャイン ○1/21〜26 劇団おおたけ産業 「さらに改訂版 命名騒動!」 @新宿眼科画廊 https://t.co/HGeu6W8LFq ○… https://t.co/RYzIJs8TkR

    12日前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

woody

woody(0)

音響 舞台監督 その他(写真撮影)

「鯨ヶ丘の詩」に携わっているメンバーです。

柳瀬昌計

柳瀬昌計(0)

脚本 演出

前回までの芝居とはうってかわった群像劇です。お楽しみに!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大