地点

アンダースロー(京都府)

2019/02/07 (木) ~ 2019/02/09 (土) 公演終了

上演時間: 約1時間15分(休憩なし)を予定

アンダースロー初の書き下ろし戯曲によるレパートリー。
書いたのはもちろんこの人、松原俊太郎。
作者自身が演劇と出会うきっかけとなったブレヒト作『ファッツァー』をモチーフに空間現代の〈音〉と地点俳優陣による〈声〉の競演、狂おしく!


舞台に登場するのは英霊たち。「やってきた者たち...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/02/07 (木) ~ 2019/02/09 (土)
劇場 アンダースロー
出演 安部聡子、石田大、小河原康二、窪田史恵、小林洋平、田中祐気、黒澤あすか
脚本 松原俊太郎
演出 三浦基
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】2019/01/17
一般3,000円/学生2,000円
サイト

http://chiten.org/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2019年
2月7日(木)20:00
2月8日(金)20:00
2月9日(土)20:00

※開場は開演の30分前
説明 アンダースロー初の書き下ろし戯曲によるレパートリー。
書いたのはもちろんこの人、松原俊太郎。
作者自身が演劇と出会うきっかけとなったブレヒト作『ファッツァー』をモチーフに空間現代の〈音〉と地点俳優陣による〈声〉の競演、狂おしく!


舞台に登場するのは英霊たち。「やってきた者たち」として戦争と自らの生死について語る彼らは、ときに閉塞感に悩む日本人の現在の姿を彷彿とさせ、さらには波にさらわれた記憶を語るなど、多くの人々の生きていた時間を一身に引き受けた、どこの誰とも特定できない存在です。「生きていても死んでいても同じことだという状態」「支配するものと支配されるものとの関係」からの離脱を試みる彼らの、反復を恐れず、たわむことのない思考は、その場に居合わせた人々になにをもたらすでしょうか。
その他注意事項
スタッフ 舞台美術:杉山至 
衣裳デザイン:堂本教子 
照明:藤原康弘 
舞台監督:大鹿展明 
制作:田嶋結菜

[情報提供] 2019/01/17 17:14 by 井上彼方

[最終更新] 2019/01/17 17:14 by 井上彼方

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大