演劇

足利市内アマチュア劇団創造・交流プロジェクト

おい乱

デザイン:Mikazuki工房

0 お気に入りチラシにする

演劇

足利市内アマチュア劇団創造・交流プロジェクト

おい乱

おい乱

足利市民プラザ(栃木県)

2019/01/12 (土) ~ 2019/01/13 (日) 公演終了

上演時間: 約2時間20分(休憩含む)を予定

休憩時間:10分間

ここは遊郭。訪れる男と迎える女が織り成す人生の綾。
市内劇団員の書き下ろし作品を気鋭の演出家が演出し、プロの俳優と足利近郊で活動する劇団員が一丸となって作品を作り上げます。
「どうぞ覗いていってくんなまし」
【物語】
そこなたの人、今夜どうでありんすか?
遊郭「みなとや」
籠の鳥...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/01/12 (土) ~ 2019/01/13 (日)
劇場 足利市民プラザ
出演 加納朋之(文学座)、本城憲(R-vive)、辻親八(親八会)、足利市内近郊劇団員
脚本 村松永弓
演出 藤井ごう
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,500円
【発売日】2018/10/01
一般2500円
ペア2000円(1枚につき)
中高生1000円
サイト

https://m.facebook.com/oiran11213

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 1月12日(土)14:00/19:00
1月13日(日)14:00
説明 ここは遊郭。訪れる男と迎える女が織り成す人生の綾。
市内劇団員の書き下ろし作品を気鋭の演出家が演出し、プロの俳優と足利近郊で活動する劇団員が一丸となって作品を作り上げます。
「どうぞ覗いていってくんなまし」
【物語】
そこなたの人、今夜どうでありんすか?
遊郭「みなとや」
籠の鳥のような廓の中で、偽りの自由を手にした女、無常にも老いていく女、情夫(イロ)を本気で愛した女、人を憎み自分を愛せない女、自由になりながらも愛した男を待ち続ける女、自分の居場所に生きる女、そして、ひたすらに家族の幸せを願う女…
様々に咲く女たちが混沌とした花街に強く生きていた。
あたしたちを哀れだと笑いますか?
全ての方に贈る…村松永弓、渾身の書き下ろし作品!
その他注意事項 未就学児童入場不可
スタッフ 【舞台監督】青木幹友(青年劇場)【舞台美術】乗峯雅寛【照明】鷲崎淳一郎(Lighting union)【音響】近藤達史【楽曲提供】大西玲央【衣装着付】大森美重子

[情報提供] 2019/01/10 01:27 by おい乱

[最終更新] 2019/01/12 00:22 by おい乱

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大