京都芸術センター

京都芸術センター(京都府)

2019/01/25 (金) ~ 2019/01/27 (日) 開幕前

上演時間:

「都市」をテーマとした三部作の戯曲をもとに創作する、3つのパフォーマンス。

少し路地を入れば全く灯りがない。音も聞こえなくなったような気がする。
みんなシャッターを閉めてしまった。誰かが煙草を吸うのが、昔の汽車が
上げる火花みたいに、夜の別世界の入り口に思える。この道一歩一歩が少
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/01/25 (金) ~ 2019/01/27 (日)
劇場 京都芸術センター
出演
演出
振付
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 5,500円
【発売日】
【各演目(日時指定)】
一般前売:2,500 円/当日:3,000 円
25 歳以下(前売のみ):1,000 円
【3 演目通し(50 枚限定、前売のみ、予約時日時指定)】
前売:5,500 円/ 25 歳以下:2,500 円
サイト

http://www.kac.or.jp/events/24525/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 1月25 日(金)  15:00(Ⅲ)   17:30(Ⅰ)   20:00(Ⅱ)
1月26 日(土)  15:00(Ⅰ)   17:30(Ⅱ)   20:00(Ⅲ)
1月27 日(日)  13:30(Ⅲ)   16:00(Ⅱ)   18:30(Ⅰ)
説明 「都市」をテーマとした三部作の戯曲をもとに創作する、3つのパフォーマンス。

少し路地を入れば全く灯りがない。音も聞こえなくなったような気がする。
みんなシャッターを閉めてしまった。誰かが煙草を吸うのが、昔の汽車が
上げる火花みたいに、夜の別世界の入り口に思える。この道一歩一歩が少
しずつ遠い。どれだけ歩いても、どこにもたどりつかない
いずれこの道は誰かがきれいにしてしまう。それは運命みたいにこの街に
下りている
明るい夢を見なさいと言われる。僕の夢は明るいだろうか
誰が明るいと言えるだろうか

(カゲヤマ気象台『シティⅠ』)


京都を拠点に活動する、全く異なる文脈と身体性を持つアーティストたちが新たに振付・演出する『Ⅰ』『Ⅱ』、そして愛知公演を経た、捩子ぴじんによる『Ⅲ』(第17回AAF戯曲賞受賞作品)のリクリエイション。
この街を生きる身体は、今、どんな姿でみることができるのでしょうか。
「都市」をテーマとした三部作の戯曲を頼りに、その姿を映し出します。ぜひご期待ください。
その他注意事項
スタッフ ▶︎シティⅠ
プロデュース:ゆざわさな(The bomb)
ドラマトゥルク:渡辺美帆子(二十二会)
振付:川瀬亜衣

▶︎シティⅡ
パフォーマンス:hyslom(加藤至・星野文紀・吉田祐)

▶︎シティⅢ
演出・振付:捩子ぴじん
出演:佐久間新、捩子ぴじん、増田美佳、三枝愛、持木永大

[情報提供] 2018/12/28 10:11 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/12/28 10:11 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大