舞踊・バレエ

ニブロール新作公演・芸劇dance

悲劇のヒロイン

Nibroll

東京芸術劇場 シアターウエスト(東京都)

2019/02/07 (木) ~ 2019/02/10 (日) 公演終了

上演時間: 約0時間10分(休憩なし)を予定

日本のコンテンポラリー・ダンスシーンの最前線をいくニブロールが挑むダンスと演劇の新たなるスタイル。
踊ることの概念を根底から考え直す中で、演劇、パフォーマンス、美術、映像、音楽など既存のジャンルを軽やかに飛び越え、新しいダンスのかたちを提示し続けるニブロール。新作「悲劇のヒロイン」は、悲劇的...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/02/07 (木) ~ 2019/02/10 (日)
劇場 東京芸術劇場 シアターウエスト
出演 笠木泉、川田希、光瀬指絵、皆戸麻衣、望月めいり
演出 矢内原美邦
振付 矢内原美邦
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,800円
【発売日】2018/11/24
全席指定・税込

▶︎一般
前売 3,500円
当日 3,800円

▶︎25歳以下(枚数限定・要証明書)
前売 2,500円
当日 2,800円
サイト

http://www.nibroll.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月7日(木) 19:30
2月8日(金) 14:00 / 19:30
2月9日(土) 14:00 / 19:30
2月10日(日) 14:00
説明 日本のコンテンポラリー・ダンスシーンの最前線をいくニブロールが挑むダンスと演劇の新たなるスタイル。
踊ることの概念を根底から考え直す中で、演劇、パフォーマンス、美術、映像、音楽など既存のジャンルを軽やかに飛び越え、新しいダンスのかたちを提示し続けるニブロール。新作「悲劇のヒロイン」は、悲劇的な立場に置かれた5人の女優が、自らの不条理な状況を憂い、飾り立て、時に正当化しながら、自身の不幸を声高らかに語りあげます。今を生きる私たちにとって「悲劇」とは何か? 人生の不条理に切り込むニブロールの挑戦に乞うご期待!
その他注意事項
スタッフ 映像・美術:高橋啓祐
音楽:SKANK/スカンク
照明:岡野昌代(PICOLER)

[情報提供] 2018/12/13 15:33 by CoRich案内人

[最終更新] 2019/02/08 16:04 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大