舞踊・バレエ

振動と音 震動と音 神道と恩 深度土音 進度とON 身胴トーン 心動と音。

舞踊・バレエ

シンドウトオン

振動と音 震動と音 神道と恩 深度土音 進度とON 身胴トーン 心動と音。

荒木志水

絵本塾ホール(東京都)

2008/09/20 (土) ~ 2008/09/21 (日) 公演終了

上演時間:

 振動。心動。と、音。トーン。『シンドウトオン』は、わたしが今まで創作時に重視してきた意味や物語性を極力排除し、身体の形と動きだけで音曲に寄り添うことをテーマとしました。本年4月に同作のトリオを、6月には荒木のソロを、芸術文化ワークス「アーツ・コンペティション」にて発表。今回、新たなダンサーを...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/09/20 (土) ~ 2008/09/21 (日)
劇場 絵本塾ホール
出演 長井江理奈、澤田有紀、山下彩子、富松悠、荒木志水
演出 荒木志水
振付 荒木志水
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,500円
【発売日】
前売り・予約 2,500円/出演者割引 2,000円 (税込)
サイト

http://blog.goo.ne.jp/sshhii-zzuu/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  振動。心動。と、音。トーン。『シンドウトオン』は、わたしが今まで創作時に重視してきた意味や物語性を極力排除し、身体の形と動きだけで音曲に寄り添うことをテーマとしました。本年4月に同作のトリオを、6月には荒木のソロを、芸術文化ワークス「アーツ・コンペティション」にて発表。今回、新たなダンサーを加え、単独公演という形になりました。
 思えばいままで自分自身をふりかえるために、ものを作ってきた気がします。『シンドウトオン』には、ふりかえる。理解したい。されたい。という要素がありません。ただ単純にアイディアであり、構成であり、仕掛けであり、試みです。この作品を通し、なにを表現し発信したいのかはまだ分かりません。
 昨年07年度、伊藤キム「輝く未来」に参加し、はじめて自分以外の複数のダンサーに振付けをするという経験をもちました。ソロ活動がほとんどであった以前とは比べものにならないほど、創作の幅が拓けたと思います。この作品を踊ってくれるダンサーと作ることを楽しみたい。それもまた個人と向きあうこと
に変わりないのだと思います。
 身体に仕掛ける音と形と動き。なにに出会えるのか、私自身も楽しみです。
その他注意事項
スタッフ 振付け・構成/荒木志水
出演/長井江理奈 澤田有紀 山下彩子 富松悠 荒木志水
照明/富山貴之
音響/林あきの

[情報提供] 2008/09/14 21:20 by CoRich案内人

[最終更新] 2008/09/15 11:46 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大