あるいは沈む殻

デザイン:こはらひかり

0 お気に入りチラシにする

創造Street

大阪市立芸術創造館(大阪府)

2019/03/08 (金) ~ 2019/03/10 (日) 開幕前

上演時間: 約1時間30分(休憩なし)を予定

新井笑子(田渕純乃)は妊娠していた。新井の恋人である秋川巧(原佑宜)は家に帰ってくると生まれてくる子供の話ばかりする。新井は望んでない妊娠をきっかけに夢を諦めなくてはいけなかった。秋川のことが嫌いな訳ではなかったが居心地は悪かった。
「この子がいなかったら」そんな小さなアイデアはお腹が大きく...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/03/08 (金) ~ 2019/03/10 (日)
劇場 大阪市立芸術創造館
出演 坂口美紅(指輪新地)、田渕純乃、中澤南海、原佑宜、長山知史
脚本 KENSUSAKI
演出 KENSUSAKI
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 2,500円
【発売日】2019/01/08
前売り/当日 2500円
サイト

https://souzouline.tumblr.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3月8日(金)20:00
3月9日(土) 13:00☆/ 19:00
3月10日(日) 12:00☆ /17:00

☆の公演後にアフタートークイベント実施予定。
説明 新井笑子(田渕純乃)は妊娠していた。新井の恋人である秋川巧(原佑宜)は家に帰ってくると生まれてくる子供の話ばかりする。新井は望んでない妊娠をきっかけに夢を諦めなくてはいけなかった。秋川のことが嫌いな訳ではなかったが居心地は悪かった。
「この子がいなかったら」そんな小さなアイデアはお腹が大きくなるにつれて大きくなる。
-同刻-エレベーターに日置日和(坂口美紅)と飯田冬美(中澤南海)はたまたま同乗する。地震による停電でエレベーターは故障。出れる見込みが立たず、見ず知らずの二人は閉じ込められた。いつ出れるのか分からない狭い空間で二人はお互いの事を話し始める。
秋川が子供の名前をどうするかの話をした事がきっかけで新井は自分の思いを告げる。それは妊娠5ヶ月目のことだった。
これは閉じ込められた人達の物語。エレベーターに、現実に、お腹の中に。
その他注意事項
スタッフ 舞台監督 :岡村弥春
制作 :北山莉菜(Makers)
舞台音響 :上原佳子(東京ガール)
舞台照明 :大沼彩音
舞台美術 :いしはらきょうか
撮影 :yuki imamura
visial :こはらひかり

[情報提供] 2018/12/01 23:37 by KENSUSAKI

[最終更新] 2019/02/03 02:38 by KENSUSAKI

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー11

田渕純乃

田渕純乃(0)

役者・俳優

「あるいは沈む殻」に携わっているメンバーです。

さち子

さち子(0)

その他(ゲーセンスタッフ)

( ・᷄ὢ・᷅ )

なかざわ みなみ

なかざわ みなみ(0)

役者・俳優

「あるいは沈む殻」に携わっているメンバーです。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大