宝塚歌劇団

神奈川芸術劇場・ホール(神奈川県)

他劇場あり:

2018/12/04 (火) ~ 2018/12/10 (月) 上演中

休演日:12月7日(金)

上演時間:

蘭陵王は、6世紀の中国に実在した北斉の皇族・高長恭に与えられた王号で、武勇と共にその類い稀なる美しさで今日まで名を残す武将。あまりの美貌ゆえ、兵士たちの士気が下がることを恐れ、戦場では仮面を付けて戦ったという伝説は、雅楽「蘭陵王」や京劇の演目ともなっています。美しさだけでなく、高潔さと勇猛さを...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/12/04 (火) ~ 2018/12/10 (月)
劇場 神奈川芸術劇場・ホール
出演 凪七瑠海、他
作曲
脚本 木村信司
演出 木村信司
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 7,800円
【発売日】2018/10/28
S席:7,800円
A席:5,000円
サイト

https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2018/ranryouou/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12月4日(火)13:00
12月5日(水)11:00 / 15:00
12月6日(木)11:00
12月7日(金)休演日
12月8日(土)15:00
12月9日(日)11:00 / 15:00
12月10日(月)11:00 / 15:00
説明 蘭陵王は、6世紀の中国に実在した北斉の皇族・高長恭に与えられた王号で、武勇と共にその類い稀なる美しさで今日まで名を残す武将。あまりの美貌ゆえ、兵士たちの士気が下がることを恐れ、戦場では仮面を付けて戦ったという伝説は、雅楽「蘭陵王」や京劇の演目ともなっています。美しさだけでなく、高潔さと勇猛さを併せ持った武将が辿る波瀾の生涯を、ドラマティックに描き上げる物語。
捨て子として育った少年は、その美しさゆえ有力者に庇護され生き延びてきた。ある時戦に巻き込まれ北斉軍に捕えられるが、背中の入れ墨が証拠となり行方知れずになっていた北斉の皇族・高長恭であることが判明する。強い者だけが生き残ることを知る彼は、宮廷へ迎え入れられた後も武術の鍛錬に励み、初陣で皇太子・高緯率いる北斉軍を勝利に導く。しかし、高長恭が現れたことによって戦場には不思議な光景が広がっていた…。皇帝から褒美として蘭陵王の名と二十人の美女を与えられるものの、彼は自分の命を狙う刺客として送り込まれた娘・洛妃ただ一人を賜る。蘭陵王と洛妃、共に過酷な幼少期を過ごした二人の間には、やがて不思議な絆が芽生えていく……。
雅楽師の東儀秀樹氏がフィナーレの楽曲を提供、本編の楽曲の演奏(録音)も担当致します。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2018/11/30 18:51 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/11/30 19:06 by CoRich案内人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 最近見た舞台。 宝塚歌劇団「蘭陵王—美しすぎる武将―」。 繰り返される、 「与えられたと思っていたけれど奪われていた」という言葉に、 愛の有無に関係なく性的行為を強いてはいけない、ましてや未成年に衣食住の保証をちらつかせてなんて断じていけないというメッセージだと感じた。

    1日前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大