地点

アンダースロー(京都府)

2019/01/01 (火) ~ 2019/01/03 (木) 公演終了

上演時間:

アンダースロー恒例のお正月公演、2019年は新版『ワーニャ伯父さん』で!
手探り・酩酊・眠気・恐怖・「誰?!」……
120年を経てなお生き続ける演劇の言葉で新年を言祝ぎましょう。


チェーホフが『かもめ』の次に書いたのは、47歳の中年男性、鬱憤でいっぱいのワーニャとその姪・ソーニャ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/01/01 (火) ~ 2019/01/03 (木)
劇場 アンダースロー
出演 安部聡子、石田大、小河原康二、窪田史恵、小林洋平、田中祐気
脚本 アントン・チェーホフ
演出 三浦基
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】
一般3,000円 
学生2,000円
サイト

http://chiten.org/underthrow/archives/40

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2019年
1月1日(祝)17:00
1月2日(水)17:00
1月3日(木)17:00

開場は開演の30分前
上演時間:約80分
説明 アンダースロー恒例のお正月公演、2019年は新版『ワーニャ伯父さん』で!
手探り・酩酊・眠気・恐怖・「誰?!」……
120年を経てなお生き続ける演劇の言葉で新年を言祝ぎましょう。


チェーホフが『かもめ』の次に書いたのは、47歳の中年男性、鬱憤でいっぱいのワーニャとその姪・ソーニャの物語。田舎屋敷で展開する愚痴の応酬、惨めな失敗に終わるピストル騒ぎ……。華やかさとは無縁な、地味なことこの上ない話にも関わらず、地点版では伝説的なラストシーンの魅力もあいまって、多くの観客の心を掴んできました。特に今回、演出の三浦が試みるのは、この物語に、チェーホフによるサハリン島までの旅の記録『シベリヤの旅』を掛け合わせること。ルポルタージュの先駆けとも言われるこの手記により、チェーホフの冷徹とも言えるまなざし、その視線がとらえた〈どうしようもなさ〉を炙り出します。
その他注意事項
スタッフ 翻訳:神西清
美術:杉山至
衣裳:堂本教子
照明:藤原康弘
音響:堂岡俊弘
舞台監督:大鹿展明
制作:田嶋結菜

[情報提供] 2018/11/22 14:59 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/11/22 14:59 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大