山田ジャパン

サンモールスタジオ(東京都)

2018/11/07 (水) ~ 2018/11/11 (日) 公演終了

上演時間:

「空飛ぶ絨毯が消えて、落下するまでの間、僕らは笑った」

2000年代初頭、新宿の高層ビル群のあちこちに蔓延っていた高収入バイトがあった。
その仕事は表向きは《テレアポ》という名で呼ばれていたが、中には悪質な《出会い系サイトのサクラ》も多かったという。
そこで働きながらもがく若者たちと...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/11/07 (水) ~ 2018/11/11 (日)
劇場 サンモールスタジオ
出演 いとうあさこ、羽鳥由記、横内亜弓、宮田幸輝、浜名一聖、西雲アキラ、西原健太(TEAM-ODAC/劇団番町ボーイズ☆)、今井海斗、他
脚本 山田能龍
演出 山田能龍
料金(1枚あたり) 4,500円 ~ 4,800円
【発売日】
全席自由席
前売:4,500円
当日:4,800円
サイト

http://staging.yamadajapan.com/stage/mahounojuutan/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月7日(水) 19:00
11月8日(木) 19:00
11月9日(金) 19:00
11月10日(土) 14:00 / 18:00
11月11日(日) 13:00 / 17:00

※受付は開演の1時間前、開場は開演の30分前になります。
※開演直前は混雑が予想されますので、お早めにご来場ください。
※未就学児童の入場はご遠慮頂いております。
説明 「空飛ぶ絨毯が消えて、落下するまでの間、僕らは笑った」

2000年代初頭、新宿の高層ビル群のあちこちに蔓延っていた高収入バイトがあった。
その仕事は表向きは《テレアポ》という名で呼ばれていたが、中には悪質な《出会い系サイトのサクラ》も多かったという。
そこで働きながらもがく若者たちと、若者もどきと、出会い系にもがくババアとが織りなす、痛くて愛しい物語。
その他注意事項
スタッフ 舞台監督:杣谷昌洋
照明:鈴木”Jimmy”徹也(フリーウェイ)
音響:半田充(MMS)
美術:根来美咲
振付:寺澤俊彦
制作協力:伊東大樹(Soymilk Co.)
票券管理:堀梨子
エグゼクティブプロデューサー:大杉陽太
プロデューサー:大山仁士(acali)・小河原永吉(acali)・佐藤麻衣子(acali)

[情報提供] 2018/11/16 14:05 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/11/16 14:05 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大