いいむろなおきマイムカンパニー

こまばアゴラ劇場(東京都)

2008/10/21 (火) ~ 2008/10/26 (日) 公演終了

休演日:なし

上演時間:

1998年にフランスから帰国し、常に想像の世界を身体を使って創造してきました。
ふりかえってみると全ての作品はバラバラのようで実は出発点は同じなんじゃないかと感じます。

映画やテレビ、ゲームの世界が沢山の技術やお金を投じて、よりリアルな「想像の世界」を
描こうとしているのに対し、シン...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/10/21 (火) ~ 2008/10/26 (日)
劇場 こまばアゴラ劇場
出演 いいむろなおき、青木はなえ、田中啓介、田中秀彦、てらにしめぐみ、古田敦子
脚本 いいむろなおき
演出 いいむろなおき
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】2008/08/10
前売2500円
当日3000円
高校生以下2000円(カンパニーでのみ取り扱い/当日学生証提示)
*全自由席/未就学児童の入場はご遠慮下さい
*本公演は芸術地域通貨 ARTS(アーツ)をご利用いただけます。(ARTSとは桜美林大学演劇施設内で施行されている地域通貨です)
サイト

http://mime1166.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1998年にフランスから帰国し、常に想像の世界を身体を使って創造してきました。
ふりかえってみると全ての作品はバラバラのようで実は出発点は同じなんじゃないかと感じます。

映画やテレビ、ゲームの世界が沢山の技術やお金を投じて、よりリアルな「想像の世界」を
描こうとしているのに対し、シンプルな舞台の上で身体ひとつでそれらを越える世界をつくろうといつも考えています。
(ハリウッドのすばらしい技術を駆使した映画をみる度に、みる側の想像する余地が
ないので、逆にどんどんリアルから遠ざかっていくように感じるのは自分だけでしょうか?)

この10年の間のクリエイションを書き留めたノートをもう一度開き、一つ一つ
解体し、その原点である「ノート」をテーマに作品を再構築しました。

いいむろなおきのノートからあふれだすソウゾウの世界。
僕らはまさに「身体ひとつ」で空を飛んだり海に潜ったり、一瞬で別の場所に移動したりします。
もちろん、皆さんのソウゾウリョクを少しばかり拝借できればの話ですが…。

その他注意事項 *未就学児童の入場はご遠慮下さい。
*いいむろなおきマイムカンパニーでチケットをご購入の場合のみ入場整理番号付きチケットを発券します。
*チケットぴあでのご購入のお客様には、公演当日の受付時に入場整理番号を発行します。
*演出の都合上、開演後のご入場を制限する場合がございます。
  お早めにご来場頂けますようご協力をお願いします。
スタッフ 舞台監督  伊達真悟
音響     林裕介
照明     追上真弓
衣装     田中秀彦&舟橋真鳥(iroNic ediHt DESIGN ORCHESTRA)
宣伝美術  堀川高志(kutowans studio)
制作     川手雅子(いいむろなおきマイムカンパニー)
企画制作  いいむろなおきマイムカンパニー/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催     (有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場

[情報提供] 2008/09/11 10:52 by kmaco

[最終更新] 2008/10/23 23:27 by kmaco

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大