演劇

Bunkamura30周年記念 シアターコクーン・オンレパートリー2018

DISCOVER WORLD THEATRE Vol.4

民衆の敵

デザイン:公式サイトより

0 お気に入りチラシにする

演劇

Bunkamura30周年記念 シアターコクーン・オンレパートリー2018

民衆の敵

DISCOVER WORLD THEATRE Vol.4

Bunkamura

Bunkamuraシアターコクーン(東京都)

他劇場あり:

2018/11/29 (木) ~ 2018/12/23 (日) 開幕前

休演日:12月4日(火) ・12月11日(火) ・12月18日(火)

上演時間:

2016年『るつぼ』に続き、才気みなぎる英国人演出家ジョナサン・マンビィがシアターコクーンに再登場。 魅力あふれる実力派キャストが集結しお贈りする、イプセンの社会派ドラマの傑作!

“近代演劇の父”とも称されるノルウェーの劇作家ヘンリック・イプセンの代表作の一つ『民衆の敵』。『ペール・ギュ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/11/29 (木) ~ 2018/12/23 (日)
劇場 Bunkamuraシアターコクーン
出演 堤真一、安蘭けい、谷原章介、大西礼芳、赤楚衛二、外山誠二、大鷹明良、木場勝己、段田安則、内田紳一郎、西原やすあき、本折最強さとし、目次立樹、西山聖了、石綿大夢、四柳智惟、中山侑子、木下智恵、穴田有里、安宅陽子、富山えり子、阿岐之将一、香取新一、島田惇平、竹居正武、寺本一樹、中西南央、石川佳代、滝澤多江、田村律子、中根百合香、林田惠子、池田優斗、大西由馬、松本晴琉、溝口元太
脚本 ヘンリック・イプセン
演出 ジョナサン・マンビィ
料金(1枚あたり) 5,500円 ~ 10,500円
【発売日】2018/09/15
S席¥10,500 
A席¥8,500 
コクーンシート¥5,500
(税込・全席指定)

※コクーンシートは、特にご覧になりにくいお席です。ご了承のうえ、ご購入ください。
※未就学児童のご入場はご遠慮いただいております。
※車椅子スペースには限りがございます。
 車椅子でご観劇のお客様は座席指定券をご購入のうえ、お早目にBunkamuraへご連絡ください。
 また、お座席でご観劇の場合も当日スムーズにご案内をさせていただくため、
 公演日前日までにご購入席番をBunkamuraへご連絡下さい。
※営利目的でのチケットの購入、並びに転売は固くお断りいたします。
サイト

http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/18_people.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月29日(木) 18:30
11月30日(金) 18:30
12月1日(土) 12:30 / 17:30
12月2日(日) 12:30
12月3日(月) 18:30
12月4日(火) 休演日
12月5日(水) 13:30
12月6日(木) 13:30
12月7日(金) 18:30
12月8日(土) 12:30 / 17:30
12月9日(日) 12:30
12月10日(月) 18:30
12月11日(火) 休演日
12月12日(水) 13:30
12月13日(木) 13:30 / 18:30
12月14日(金) 18:30
12月15日(土) 12:30 / 17:30
12月16日(日) 12:30
12月17日(月) 18:30
12月18日(火) 休演日
12月19日(水) 13:30
12月20日(木) 13:30
12月21日(金) 18:30
12月22日(土) 12:30 / 17:30
12月23日(日) 12:30
説明 2016年『るつぼ』に続き、才気みなぎる英国人演出家ジョナサン・マンビィがシアターコクーンに再登場。 魅力あふれる実力派キャストが集結しお贈りする、イプセンの社会派ドラマの傑作!

“近代演劇の父”とも称されるノルウェーの劇作家ヘンリック・イプセンの代表作の一つ『民衆の敵』。『ペール・ギュント』『人形の家』『ヘッダ・ガブラー』など、日本でも馴染み深い代表作を持つイプセンですが、その中でも1882年に発表されたこの『民衆の敵』は社会問題を扱った唯一の作品で、当時の社会に一石を投じました。ノルウェーからアメリカへ渡った本作は、アーサー・ミラーによって翻案され、ブロードウェイでの上演も高く評価されており、1978年にはスティーブ・マックイーン製作・主演によって映画化、2005年にはノルウェーで設定を現代に置き換え映画化されるなど、根強い支持を得ています。

この『民衆の敵』を、Bunkamura30周年記念、シアターコクーン公演の第1弾として上演する運びとなりました。さらに、今公演では、新たに戯曲を翻訳し、新訳での上演に臨みます。

演出を手掛けるのは、シアターコクーンには2016年の『るつぼ』以来2年ぶりの登場となるジョナサン・マンビィ。 ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(RSC)出身で古典から現代劇まで幅広く精通し、2009年には『The Dog in the Manger』にてヘレン・ヘイズ賞最優秀演出賞候補にノミネートされ、常に世界中で作品を発表し続けています。日本でも『るつぼ』での演出が各方面で絶賛され、その実力は折り紙つき。本作にも高い注目が寄せられます。 そしてジョナサンとの2度目のタッグで主演を務めるのは、堤真一。「真実の告白」を志すばかりに、次第に「民衆の敵」であると憎悪され、やがては家族との幸せも危うくしてしまう孤高の男トマス・ストックマンをどのように演じるのか、期待が高まります。そんなトマスの味方となり支え続ける妻カトリーネに安蘭けい、新聞「民報」の編集者でご都合主義のホヴスタに谷原章介、トマスとカトリーネの娘で教師のペトラに大西礼芳、ホヴスタと同じ「民報」の若き記者ビリングに赤楚衛二、カトリーネの養父で、水質汚染の原因である製革工場の主モルテン・ヒールに外山誠二、住宅所有組合の会長で印刷屋のアスラクセンに大鷹明良、トマスの唯一の理解者ホルステル船長に木場勝己、そしてトマスの実兄で、市長にして警察署長、温泉管理会会長も務める町の権力者ペテル・ストックマンに段田安則など、魅力あふれる実力派が集結しました。
その他注意事項 ※未就学児童のご入場はご遠慮いただいております。
スタッフ 翻訳:広田敦郎(シャーロット・バースランドの英語逐語訳による)
美術・衣裳:ポール・ウィルス

照明:勝柴次朗 音楽:かみむら周平 音響:長野朋美 振付:黒田育世 ヘアメイク:佐藤裕子
衣裳スーパーバイザー:中野かおる 美術助手:原田愛 演出助手:陶山浩乃 通訳:時田曜子
舞台監督:南部丈

[情報提供] 2018/09/11 13:31 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/09/15 12:33 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大