演劇

東京演劇集団風創立20周年記念企画

アポカリプティカ

東京演劇集団風

レパートリーシアターKAZE(東京都)

2008/09/04 (木) ~ 2008/09/07 (日) 公演終了

上演時間:

『アポカリプティカ』はミルコ・ケレメン、フェルナンド・アラバール、エドモンド・キーゼルバッハという3人のマルチメディアの活動家による総譜が発端となり、コラージュのように構成、演出され、1989年にケルンで初演された。この作品は聖書(創生記、出エジプト記、黙示録など)を題材にしている。
金のた...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/09/04 (木) ~ 2008/09/07 (日)
劇場 レパートリーシアターKAZE
出演 ミラン・スラデク、イシドロ・フェルナンデス、グラシアス・デバラジュ
脚本 ミルコ・ケレメン、フェルナンド・アラバール、エドモンド・キーゼルバッハ
演出 ミラン・スラデク
料金(1枚あたり) 3,300円 ~ 4,000円
【発売日】
当日4000円 前売り3800円 学生3300円
この「20周年記念企画」のチケットの半券をお持ちの方は2作品目より3000円でご観劇いただけます。ご予約の際にその旨、お申し出ください。
サイト

http://www.kaze-net.org/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 『アポカリプティカ』はミルコ・ケレメン、フェルナンド・アラバール、エドモンド・キーゼルバッハという3人のマルチメディアの活動家による総譜が発端となり、コラージュのように構成、演出され、1989年にケルンで初演された。この作品は聖書(創生記、出エジプト記、黙示録など)を題材にしている。
金のための、国境のための、権力のための戦争。そのために異なる考え方を'悪'として追放していく社会構造。
1968年の「プラハの春」、1970年のドイツ亡命を経て、社会主義の崩壊を目のあたりにしてきたミラン・スラデクが、宇宙に誕生した生命、自然との共存と闘い、金、権力、戦争という人類の壮大なテーマを、ひとりの人間の苦しみ、恐怖、希望の物語としてユーモラスに、人間的に描く。

ミラン・スラデクは1938年、チェコスロヴァキア共和国生まれ、世界的マイムアーティストとして評価されつつも1968年、プラハの春にスウェーデンに亡命、1970年にドイツに移住。
1989年、社会主義の崩壊とともにスロヴァキアに戻り、現在はドイツ・スロヴァキア両国を拠点に、各国で独自の舞台を提示し続けている。
ブレヒト作品にも造詣が深く、〈ビエンナーレKAZE演劇祭2005〉ではKAZEの『三文オペラ』を演出、刺激的な舞台を協働した。
第1回〈ビエンナーレKAZE演劇祭2003〉に招聘した『アポカリプティカ』が、「20世紀の黙示録」と題して再来日する。
その他注意事項
スタッフ 舞台美術:アントニン・マレク

芸術監督:浅野佳成

[情報提供] 2008/09/02 22:36 by 東京演劇集団風

[最終更新] 2010/05/21 18:14 by なっち

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大