演劇

日本アルゼンチン外交樹立120周年記念

PRELUDIO PARA  LA  CRUZ  DEL  SUR

南十字星へのプレリュード

デザイン:前竹光太

0 お気に入りチラシにする

演劇

日本アルゼンチン外交樹立120周年記念

南十字星へのプレリュード

PRELUDIO PARA  LA  CRUZ  DEL  SUR

フリーハンド

三越劇場(東京都)

2018/11/01 (木) ~ 2018/11/04 (日) 開幕前

上演時間: 約1時間50分(休憩なし)を予定

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの特別区ラ・ボカで育ったマルタ(長女)、アナ(次女)、エバ(三女)、マリア(四女)のロペス家の四姉妹
エバは父レオポルドと共に暮らしていたが、他の姉妹たちはそれぞれの道を歩み、長年バラバラな人生を送っていた
そんな時、男手ひとつで四姉妹を育てて来たレオポル...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演スケジュール

11/01 11/02 11/03 11/04
12:30
14:00
16:00
18:00
18:30

公演詳細

期間 2018/11/01 (木) ~ 2018/11/04 (日)
劇場 三越劇場
出演 冴木杏奈、風祭ゆき、杉本有美、はらみか、寺田農、他
脚本 高梨 由
演出 高梨 由
料金(1枚あたり) 4,000円 ~ 8,000円
【発売日】2018/09/01
S席 ¥8,000
A席¥6,000
B席¥4,000
サイト

http://www.f-hand.co.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月1日(木)18:30

11月2日(金)18:30

11月3日(土)14:00 / 18:00

11月4日(日)12:30 / 16:00

説明 アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの特別区ラ・ボカで育ったマルタ(長女)、アナ(次女)、エバ(三女)、マリア(四女)のロペス家の四姉妹
エバは父レオポルドと共に暮らしていたが、他の姉妹たちはそれぞれの道を歩み、長年バラバラな人生を送っていた
そんな時、男手ひとつで四姉妹を育てて来たレオポルドが余命宣告を受け、四姉妹がロペス家に集まってくることになる

父と大喧嘩をして家を飛び出し、その後、国民的歌姫となったアナは、18年振りの帰郷。しかし、ある想いから中々父に会う事が出来ない
そして、他の姉妹たちもまた、それぞれの問題を抱えていた

----かつて、南十字星は航海士たちの道標だった
アナの唄声であの星のように皆を明るく照らしておくれ
その他注意事項
スタッフ 原作・製作総指揮 倉科 遼

[情報提供] 2018/08/20 16:21 by サプライズメーカーPandA

[最終更新] 2018/08/31 16:01 by サプライズメーカーPandA

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

サプライズメーカーPandA

サプライズメーカーPandA(0)

役者・俳優 制作

「南十字星へのプレリュード」に携わっているメンバーです。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大