舞踊・バレエ

KYOTO EXPERIMENT2018 京都国際舞台芸術祭2018 公式プログラム

セシリア・ベンゴレア&フランソワ・シェニョー 『DUB LOVE』

KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭

ロームシアター京都ノースホール(京都府)

2018/10/18 (木) ~ 2018/10/20 (土) 公演終了

上演時間:

ダブとトウシューズが遭遇したら?
世界のダンスシーンの先端を走るデュオが京都に再登場

KYOTO EXPERIMENT 2014で上演された『TWERK』は、その熱狂的なパフォーマンスによってセシリア・ベンゴレアとフランソワ・シェニョーの名をたちまち日本の観客に印象づけた。
正当な舞...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/10/18 (木) ~ 2018/10/20 (土)
劇場 ロームシアター京都ノースホール
出演
演出
振付
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 5,500円
【発売日】
▶︎一般
前売 ¥3,000/当日 ¥3,500
▶︎ユース・学生
前売 ¥2,500/当日 ¥3,000
▶︎高校生以下
前売・当日共に ¥1,000
▶︎ペア
¥5,500(前売のみ)
※ユースは25歳以下
サイト

https://kyoto-ex.jp/2018/program/cecilia-francois/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月18日(木) 20:00-
10月19日(金) 20:00-
10月20日(土) 17:00-◎

◎託児サービスあり。詳細はこちら
詳細は後日お知らせします
上演時間:50分

説明 ダブとトウシューズが遭遇したら?
世界のダンスシーンの先端を走るデュオが京都に再登場

KYOTO EXPERIMENT 2014で上演された『TWERK』は、その熱狂的なパフォーマンスによってセシリア・ベンゴレアとフランソワ・シェニョーの名をたちまち日本の観客に印象づけた。
正当な舞踊教育の申し子である一方でクラブカルチャーをむさぼるように飲みこみ、そのハイブリッドを体現するこのデュオが次に注目したのは、あらゆる電子音楽のスタイルの由来とも言える「サウンドシステム」——1950年代に始まる多様なジャマイカ音楽の進化において外すことのできない「ミュージックウォール」だ。この強力な音響機構により演奏されるダブは、もはやただのエンターテインメントではない。身体を圧倒するバイブレーションが膨大な数の人々をひとつかみにしてしまう様は宗教的な儀式さながらである。
『DUB LOVE』でこのデュオと競演するのは、レユニオン諸島出身のダブプレートDJ・High Elements。重低音と明るいメロディが引き起こす緊張感が、太陽を思わせるアップビートな音楽を繰り出す。飽くなき重力への挑戦の末にダンサーの身体構造さえも変えてきたクラシックバレエのテクニックが、振動する空間に緻密なラインを刻む。ただ強靭な音楽と身体がそこにある。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2018/08/20 15:06 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/08/20 15:07 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大