演劇

日本の演劇人を育てるプロジェクト「日本の劇」戯曲賞

リーディング公演VOL.1『空谷の湧水』

0 お気に入りチラシにする

演劇

日本の演劇人を育てるプロジェクト「日本の劇」戯曲賞

リーディング公演VOL.1『空谷の湧水』

公益社団法人日本劇団協議会

恵比寿・エコー劇場(東京都)

2018/09/16 (日) ~ 2018/09/16 (日) 公演終了

上演時間:

「山頂から見下ろすと谷間に知る人ぞ知る湧き水があるの。まるで空を映したようなまっさらな水よ。」

その山麓にある竹炭工房はハイカーや住民の憩いの場。
都会で疲弊した夕陽(ゆうひ・27歳)は、そこで未知の人々と出会い、
自ら湧水を活かしたカフェに変えて行くが・・・・・・。
放射能汚染廃...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/09/16 (日) ~ 2018/09/16 (日)
劇場 恵比寿・エコー劇場
出演 万里紗、万里紗、池之上真菜、大内厚雄(演劇集団キャラメルボックス)、宮菜穂子、梅津瑞樹(虚構の劇団)、山﨑秀樹(青年座)、坂井香奈美(流山児★事務所)
脚本 ほしのしんや
演出 板垣恭一
料金(1枚あたり) 500円 ~ 500円
【発売日】2018/08/08
全席自由:500円
サイト

http://www.gekidankyo.or.jp/performance/2018/2018_02.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9月16日(日)13:00
説明 「山頂から見下ろすと谷間に知る人ぞ知る湧き水があるの。まるで空を映したようなまっさらな水よ。」

その山麓にある竹炭工房はハイカーや住民の憩いの場。
都会で疲弊した夕陽(ゆうひ・27歳)は、そこで未知の人々と出会い、
自ら湧水を活かしたカフェに変えて行くが・・・・・・。
放射能汚染廃棄物の処分場問題を背景に、過去から脱して生き直しを求める男女が織り成す、現代の寓話。
その他注意事項
スタッフ 音楽:松崎裕佳
照明:磯野眞也(アイズ)
音響:黒澤靖博
舞台監督:本 弘
宣伝美術:中島康江(オールスタッフ)
プロデューサー:松本崚汰(イッツフォーリーズ)

[情報提供] 2018/08/08 13:10 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/08/08 13:10 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大