その他

TAICHI-KIKAKU2008東京公演 身体詩舞台作品

光る旅〜PILGRIM2008〜

TAICHI-KIKAKU

シアタートラム(東京都)

2008/09/04 (木) ~ 2008/09/07 (日) 公演終了

上演時間:

「言葉を越えた演劇」をコンセプトに独自の表現”身体詩”によって、98年マケドニア、99年クロアチア、00年ボスニア、サラエボなど、世界21ヶ国で公演を続けるTAICHI-KIKAKU。サラエボでインスピレーションを得た本作は、かつて親友だった二人の隣人が、ある満月の夜に、亡くなったはずの友達に...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/09/04 (木) ~ 2008/09/07 (日)
劇場 シアタートラム
出演 オーハシヨースケ、ヨシダ朝
脚本 モリムラルミコ
演出 モリムラルミコ
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 4,000円
【発売日】2008/06/06
前売3500円 / 当日4000円 (全席自由) 大学生・専門学校3000円
高校生以下2500円(学生・高校券はTAICHI-KIKAKUのみで取扱います)
劇場友の会会員3300円
世田谷区民3400円(劇場チケットセンターにて前売のみ取扱い)
サイト

http://setagaya-pt.jp/theater_info/2008/09/pilgrim2008.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「言葉を越えた演劇」をコンセプトに独自の表現”身体詩”によって、98年マケドニア、99年クロアチア、00年ボスニア、サラエボなど、世界21ヶ国で公演を続けるTAICHI-KIKAKU。サラエボでインスピレーションを得た本作は、かつて親友だった二人の隣人が、ある満月の夜に、亡くなったはずの友達に出会うという設定で展開します。

〈光る旅〉のこと

 この舞台作品「光る旅~PILGRIM2008~」は、98年にマケ ドニア、
 99年にクロアチア、そして2000年にボスニア・ヘルツェゴビナ、
 サラエボを旅することの中から生まれました。

 たくさんの哀しみの消えない町で、
 私たちは旅をしながらずっと希望(ひかり)のことを考えていました。
 希望… 希望はやってくるものでも、あらわれてくるものでもない。
 希望というのは、いま、ここで、自分(わたし)が目の前にあるのだと 云い、 
 決してあきらめずに、みつめつづけるものなのではないかと。
 そして、希望は見つめ続けたものの心の目の中にだけ
 やがてその姿をゆっくりと浮かべてくるものなのではないかと。

 97年ブルガリアで撮影された青い月の映像、その下で果てることなく
 繰り返されるかつては親友であった〈二人の隣人〉の孤独な行為。
 ある満月の夜〈月の光〉に誘われ、二人は出会い、やがて幼い日の
 記憶に棲む、死んでしまった共通の〈友だち〉の思い出にたどり着く。
 最初はぼんやりと、そしてそれは、次第に信じられないほどの強い光を
 放ちはじめて…

 この作品の中には、なぜ人がどんな状況の中でも希望を手放さない
 のかということの、大きな意味がかくされています。
 なぜひとは、あきらめずに光りの方向を希求しつづけようとするのか…

 あんなにワクワクした21世紀の到来。
 かなしいけれど、あえていいます。
 いま、ニッポンは《精神的内戦状態》です。
 だからこそ、この21世紀にもう一度あなたと〈光る旅〉ができること を
 心から楽しみにしているのです。

 モリムラルミコ
その他注意事項 上演予定時間100分
スタッフ [作・演出・出演] モリムラ ルミコ
[映像] 田渕英生

[モチーフ&パフォーマー] オーハシ ヨースケ/ヨシダ 朝

[情報提供] 2008/08/27 11:23 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/10/29 10:35 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大