舞踊・バレエ

第114回小林紀子バレエ・シアター公演

シアトリカル・ダブルビル

小林紀子バレエ・シアター

新国立劇場 中劇場(東京都)

2018/06/30 (土) ~ 2018/07/01 (日) 公演終了

上演時間:

▶︎二羽の鳩
パリのアトリエを舞台にしたラブストーリー
パリのアトリエを舞台にした1幕、そしてジプシーの野営地、そして再びパリのアトリエと展開する2幕からなるアシュトンの『二羽の鳩』。1961年ロイヤル・オペラ・ハウスでの初演は、リン・シーモア、クリストファー・ゲーブル、エリザベス・アンダ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/06/30 (土) ~ 2018/07/01 (日)
劇場 新国立劇場 中劇場
出演
演出
振付
料金(1枚あたり) 6,000円 ~ 11,000円
【発売日】
S席:¥11,000
A席:¥9,000
B席:¥7,000
C席:¥6,000
サイト

http://www.nkbt-tokyo.com/perform.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 6月30日(土) 5:00PM
7月1日(日) 3:00PM
全公演、開場は開演の45分前です。


説明 ▶︎二羽の鳩
パリのアトリエを舞台にしたラブストーリー
パリのアトリエを舞台にした1幕、そしてジプシーの野営地、そして再びパリのアトリエと展開する2幕からなるアシュトンの『二羽の鳩』。1961年ロイヤル・オペラ・ハウスでの初演は、リン・シーモア、クリストファー・ゲーブル、エリザベス・アンダートンらによって演じられた。
小林紀子バレエ・シアターでは、1992年に本作の日本初演を果たし(これがカンパニー初のアシュトン作品上演でもあった)、この成果もあって、翌年には芸術監督小林紀子に、ニムラ舞踊賞が授与された。アシュトンのチャーミングで音楽的な振付と、パリを舞台にした男女2人のラブストーリーは好評を博し、その後たびたびカンパニーの人気演目として上演され、とくに90年代のカンパニーの代名詞的な作品として、重要なレパートリーに位置づけられている。

ラ・フォンテーヌのお伽話
バレエ『二羽の鳩』は、1886年パリ・オペラ座で初めて上演された。支配人のヴォーコルヴェイユは、ラ・フォンテーヌのお伽話「二羽の鳩」:“とある樹の上に二羽の鳩が巣を作っていた たがいに優しく愛し合っているかれら だが一羽の鳩は愚かにも平穏な巣の暮らしに飽き 遠い国々に放浪の旅をしてみたくなる・・・“を題材に、脚本をアンリ・レニエに委託し、ルイ・メラントが振付を行った。
アシュトンは、メサジェの音楽を気に入り、ランチベリーの手を借りて、『二羽の鳩』の編曲を行った。ラ・フォンテーヌのお伽話を題材にしているものの、オペラ座オリジナルの脚本は用いず、自らのイマジネーションによってより自然な男女のラブストーリーを描いている。

-----------------------

▶︎チェックメイト
勝負をかける運命の一手。“チェス”を題材にした唯一無二の傑作。
チェス盤をはさんで対局している2人の戦士の登場から作品が始まる。このプロローグには、何とも言えない緊迫感があり、ドラマティックな前奏曲が観るものをチェス盤の中へと引き込んでいく。バレエ『チェックメイト』の面白さは、作品が作られた時代背景を知ることでより広がる。『チェックメイト』が作られた1930年代後半の英国周辺およびヨーロッパの情勢は、ナチス・ドイツの目覚ましい台頭によりまさに騒然としていた。このバレエでは、強力な悪の権力機構が無秩序に動き出した時には、宗教や平和な国の軍隊がいかに無力であるかという、とてもシリアスな問題を、王手(チェックメイト)をかけるまでの様々なチェスピース(駒)の動きで表している。

英国ロイヤル・バレエの金字塔
バレエ『チェックメイト』は、英国ロイヤル・バレエの創始者であるニネッタ・ド・ヴァロワ(1898-2001)が振付けた作品で、1937年、パリの万国博覧会でサドラーズ・ウェルズ・バレエ団(現在の英国ロイヤル・バレエ)によって初演されました。偉大なるスコアを作曲したアーサー・ブリス(1891-1975)は台本をド・ヴァロワに持ち込むほどの情熱であり、美術は当時ロンドンで前衛的なポスターデザインで注目を集めていたマックナイト・カウファー(1890-1954)が手がけました。この3人のアーティストの奇跡的なコラボレーションの実現には、バレエ団の音楽監督コンスタント・ランバート(1905-1951)の幅広い人脈とアドバイスが不可欠であったとド・ヴァロワは後に述べています。
その他注意事項 ※ 未就学児童のご入場はお断り申し上げます。
スタッフ ▶︎二羽の鳩
振付:フレデリック・アシュトン
ステイジド・バイ:アントニー・ダウスン
音楽:アンドレ・メサジェ
美術:ジャック・デュポン

▶︎チェックメイト
振付:ニネッタ・ド・ヴァロワ
オリジナル・ステイジド・バイ:パメラ・メイ
ステイジド・バイ:小林紀子/アントニー・ダウスン
音楽:アーサー・ブリス
美術:E.マックナイト・カウファー

[情報提供] 2018/05/09 12:21 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/05/09 12:21 by CoRich案内人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. @padma810 おはようございます。昨日は、レッスン後に、小林典子バレエシアターのシアトリカル・ダブルビルで、チェックメイトと二羽の鳩を観に行きました。アシュトンの二羽の鳩が、振りや内容がコミカルで、面白かったです。今日も朝から暑いです。良い1日を。

    1年以上前

  2. 幼馴染のオーボエ奏者がご招待してくれました。 小林紀子バレエシアター公演、 シアトリカル、ダブルビル 新国立劇場。 写真はオペラシティですが。。。 友人は、国立音大出です🍒 https://t.co/Ofq2GotdZu

    Dg 3njbuyaav tm

    1年以上前

  3. 【第114回小林紀子バレエ・シアター公演】本日7/1公演のホール座席表をチェック 新国立劇場(中劇場/1,038人)https://t.co/YgccB3DObA https://t.co/qm5h86iqcm

    Dg h6aovaaegzmd

    1年以上前

  4. 小林紀子バレエ・シアター 『シアトリカル・ダブルビル』@新国立劇場中劇場 「チェックメイト」「二羽の鳩」 娘の学校の同期がバレエダンサーなので、その公演を観に。 大学生で来年は会社員になる娘と友人の進む道は違うけど、今でも仲良し。… https://t.co/8uBasoVxjj

    1年以上前

  5. 「シアトリカル・ダブルビル」 なんとなく男性陣の揃いが悪かったような。 稽古不足でタイミングがあってない、みたいな部分もあるが、メソッド自体がバラバラっぽい、みたいに感じる所も。 もしかして、何人かは他から借りてきたりしてるのかな、と邪推してしまった。

    1年以上前

  6. 「シアトリカル・ダブルビル」 後半は「二羽の鳩」。多分、全幕見るのは初めてなのだが、1幕ものだとばかり思っていて、休憩あるのに驚くというレベル(笑) 前半見てて、もしかしたら、自分はアシュトン苦手なのかもと。振付ではなくて、脚本が… https://t.co/bhDh9kZQAN

    1年以上前

  7. 小林紀子バレエ・シアター「シアトリカル・ダブルビル」@新国立劇場中劇場、幕間。 ちょっと電池切れ気味で、「チェックメイト」はウトウトしてしまった。今回初演なのかな? なんとなくガチャガチャした印象だった。 愛と死あたりは、ロイヤル… https://t.co/PYCa0nZwmc

    1年以上前

  8. 6月30日土曜日 イベント情報 【場 所】 新国立劇場 中劇場 【公 演 名】 シアトリカル ダブルビル 【開始終演時間】 17:00〜19:45 【問合 せ先 】 小林紀子バレエシアター 【電話 番号】 03-3987-6384 【詳 細 情報】

    1年以上前

  9. 【第114回小林紀子バレエ・シアター公演】本日6/30公演のホール座席表をチェック 新国立劇場(中劇場/1,038人)https://t.co/YgccB3DObA https://t.co/urB3UWQFRA

    Dg5a66yueaa5fus

    1年以上前

  10. 考えてみると日本のバレエ団、意外とイギリス色の強いカンパニー多いのね。 Kと新国はいうに及ばずでスタダンもピーター・ライトとアントニー・チューダーと繋がってるし、小林紀子バレエシアターはアシュトンもマクミランもいっぱいレパートリーに持ってるし。

    1年以上前

  11. チラシ、出来てた…(笑) ファンタジーオーケストラミュージカル 「スサノオと美琴~古事記~」 日程 8月29日(水)16:00〜 会場 新国立劇場オペラパレス 小林紀子バレエ・シアターとして出演します。 チケット情報はまだ… https://t.co/bUi0jHknxi

    1年以上前

  12. 風邪気味かな?ヤバい。今週末はユリコンとたまたま被っちゃってバレエ週間で超多忙。水香ちゃんの白鳥と小林紀子バレエシアター行くのに。 小林紀子バレエの演目の一つは「二匹の鳩」…鳩…ハト…鳩を追い払った!!!

    1年以上前

  13. 小林紀子バレエシアター『シアトリカル・ダブルビル』にキャストの変更が出ていますね。「二羽の鳩」に出演予定だったエステバン・ベルランガはカンパニーの都合で降板。アントニーノ・ステラが両日、若者役で出演するそうです。 https://t.co/dbcBGrebb6

    1年以上前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大