演劇

川崎市アートセンター提携公演

『月輪は奪う衆生の心・・・十六夜の月に棲まう、天女かぐや』

原作:竹取物語

花傳 KADEN Theater Company

川崎市アートセンター アルテリオ小劇場(神奈川県)

2008/10/03 (金) ~ 2008/10/05 (日) 公演終了

上演時間:

・・・月輪よ。
せめてその眼差しが
我が心臓を貫いてくれたならば
罪を映す地獄の鏡が如く
誠に清らかなる心を
我が両眼に焼きつけられように・・・

地上へと零れ落ちた月の欠片。
何者をも寄せ付けないその眩き光に魅せられ、
地の民は欲望のままに彼女を求めた。
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/10/03 (金) ~ 2008/10/05 (日)
劇場 川崎市アートセンター アルテリオ小劇場
出演 阿部崇子、とみたことえ、大寺亜矢子、本間美由紀、山森博絵、中重諭、山田美悠、世喜光太郎、白木沙織、茅島直、管さやか
脚本 岡田圓
演出 岡田圓
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 5,500円
【発売日】2008/08/08
前売/3000円
前売ペア/5500円
当日/3200円
当日ペア/6000円
サイト

http://www18.ocn.ne.jp/~kaden/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ・・・月輪よ。
せめてその眼差しが
我が心臓を貫いてくれたならば
罪を映す地獄の鏡が如く
誠に清らかなる心を
我が両眼に焼きつけられように・・・

地上へと零れ落ちた月の欠片。
何者をも寄せ付けないその眩き光に魅せられ、
地の民は欲望のままに彼女を求めた。
深く透明な彼女の瞳は穢土の色に染まることは無く、
生ある者達の運命を翻弄した。

書き記された言の葉――ものがたり。
今もなお、天上の月は色褪せること無く、
人は彼女を求め続ける。

頁を捲る度に、物語は無限に繰り返す。
繰り返される物語の中を、
人物達は生き、果てる。

月に生まれ、月に育ち、
永劫枯れることの無い、月輪の欠片。
その欠片は、穢土にてこの名で語り継がれていった。


――かぐや、と。
その他注意事項 10月3日(金) 19:30~(開演前に公開稽古・演出家トークあり)
10月5日(日) 14:00~(アフタートークあり)
スタッフ ■照明デザイン:山本 佳奈
■照明オペレーター:大島 早保子
■音響:甘糟 佐久美
■音楽/演奏:落合 敏行

[情報提供] 2008/08/18 01:07 by 花傳[KADEN]

[最終更新] 2008/09/08 22:06 by 花傳[KADEN]

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

takako

takako(0)

出演しています

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大