演劇

パティオ演劇公演2018

『寿歌』(ほぎうた)

0 お気に入りチラシにする

演劇

パティオ演劇公演2018

『寿歌』(ほぎうた)

一般財団法人ちりゅう芸術創造協会

パティオ池鯉鮒(知立市文化会館) 花しょうぶホール(愛知県)

2018/06/16 (土) ~ 2018/06/16 (土) 公演終了

上演時間: 約1時間30分(休憩なし)を予定

核戦争後の荒野を歩く旅芸人2人、ゲサクとキョウコ。
風の中から現れたヤスオと名乗る男。
世界から注目される俊才 宮城聰が描く現代の“寿歌”とは?

愛知県芸術劇場とSPAC(静岡県舞台芸術センター)初めての共同企画。
長年、愛知を拠点に活躍している北村想の代表作をSPAC芸術...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/06/16 (土) ~ 2018/06/16 (土)
劇場 パティオ池鯉鮒(知立市文化会館) 花しょうぶホール
出演 奥野晃士、たきいみき、春日井一平(SPAC)
脚本 北村想
演出 宮城聰
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,500円
【発売日】2018/04/07
一般2,500円
25歳以下1,000円
サイト

http://www.patio-chiryu.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 14時00分開演(13時45分開場)

説明 核戦争後の荒野を歩く旅芸人2人、ゲサクとキョウコ。
風の中から現れたヤスオと名乗る男。
世界から注目される俊才 宮城聰が描く現代の“寿歌”とは?

愛知県芸術劇場とSPAC(静岡県舞台芸術センター)初めての共同企画。
長年、愛知を拠点に活躍している北村想の代表作をSPAC芸術総監督・宮城聰が演出します。
30年以上日本全国で上演が途絶えない戯曲から立ち上がる「今」とは…。
ぜひ、お立ち会いください。

【視覚サポートについて】
触る舞台美術模型を使用した開演前舞台説明を、視覚サポートを必要とされる方を対象に行います。参加を希望の方はお問合せください。(要予約・先着順)
その他注意事項 ※未就学児の入場はご遠慮ください。
※車椅子席はパティオ池鯉鮒アートセンターにご予約ください。(先着順)
※開演後のご入場は制限させていただく場合があります。
★終演後アフタートーク有
スタッフ 美術:カミイケタクヤ 照明:木藤歩 音響:佐々木道浩(愛知県芸術劇場) 衣裳デザイン:駒井友美子(SPAC) 演出補:中野真希(SPAC) 宣伝美術・写真:松本久木 プロダクションマネージャー:世古口善徳(愛知県芸術劇場) 舞台監督:加藤元基 制作:小森あや プロデューサー:山本麦子(愛知県芸術劇場)

[情報提供] 2018/04/20 11:01 by 一般財団法人ちりゅう芸術創造協会

[最終更新] 2018/04/20 11:01 by 一般財団法人ちりゅう芸術創造協会

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. チケット好評発売中! 北村想・作、宮城聰・演出 『寿歌』(ほぎうた) 日時:6月16日(土)14:00開演 (上演時間約90分) ★終演後アフタートークあり 会場:花しょうぶホール 料金:自由席 一般2,500円、会員2,200円… https://t.co/zNEeIIpJQM

    9日前

  2. [さいきん書いたさくてきブログ2] 寿歌(ほぎうた)をみた。その感想。現代に立体化する意味について、私はこう見た。 を投稿しました。 https://t.co/0GYQjcwkt5

    12日前

  3. 橋桁に右肩を寄せ待ちながら他界の人の寿歌(ほぎうた)をきく 『春原さんのリコーダー』 #tanka #jtanka

    17日前

  4. 『『寿歌(ほぎうた)』愛知県芸術劇場・ SPAC(静岡県舞台芸術センター)共同企画』こまき耳より情報|https://t.co/rp1Du3sDJ7 #komaki

    22日前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大