演劇

CEDAR Produce vol.3

群盗

デザイン:竹内康人

0 お気に入りチラシにする

演劇

CEDAR Produce vol.3

群盗

CEDAR

シアター風姿花伝(東京都)

2018/05/31 (木) ~ 2018/06/03 (日) 開幕前

休演日:なし

上演時間: 約3時間0分(休憩含む)を予定

休憩時間:15分

日本で最初に翻訳されたドイツ戯曲はシラーの『ヴィルヘルム・テル』である。
明治時代の自由民権運動の高まりで、「自由」という大きなテーマを正面から扱ったシラーが真っ先に注目された。
『群盗』はシラーのデビュー作であり、多感な青年シラーに自由を許さない封建的な環境への怒りでもあった。
シュト...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演スケジュール

休演日:なし
05/31 06/01 06/02 06/03
12:00
13:00
17:00
18:00

公演詳細

期間 2018/05/31 (木) ~ 2018/06/03 (日)
劇場 シアター風姿花伝
出演 尾尻征大、岩田華怜、桧山征翔、大久保祥太郎、大森勇一、津村健太、土田卓弥、佐々木健吾、ヤマタニカズキ、椎名建、越川みつお、今井聡、久保田武人、銀ゲンタ、妹尾正文
脚本 フリードリヒ・フォン・シラー
演出 松森望宏
料金(1枚あたり) 3,200円 ~ 4,500円
【発売日】2018/04/10
前売 4.200円(税込)
当日 4.500円(税込)
U-25割 3.200円(税込)劇団取扱のみ、枚数制限あり
全席自由
サイト

https://nozomi0210jp.wixsite.com/cedar

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 5月31日(木) 13:00/18:00
6月1日(金) 13:00/18:00
6月2日(土) 13:00/18:00
6月3日(日) 12:00/17:00
説明 日本で最初に翻訳されたドイツ戯曲はシラーの『ヴィルヘルム・テル』である。
明治時代の自由民権運動の高まりで、「自由」という大きなテーマを正面から扱ったシラーが真っ先に注目された。
『群盗』はシラーのデビュー作であり、多感な青年シラーに自由を許さない封建的な環境への怒りでもあった。
シュトゥルム・ウント・ドラング(疾風怒濤期)の代表作のひとつであり、
シェイクスピアの戯曲のスタイルを応用して書かれた作品で、
嫉妬深い弟フランツはリチャード三世、アマーリアはハムレットのオフィーリアをモデルに書かれている。
その他注意事項 未就学児童入場不可
スタッフ 翻訳:大川珠季(新訳上演)

美術:西村有加
照明:野中千絵
音楽・音響:西川裕一
衣装:及川千春
舞台監督補佐:佐藤真由美
舞台監督:小林清孝

[情報提供] 2018/04/03 09:49 by CEDAR

[最終更新] 2018/04/11 09:38 by CEDAR

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大