劇団再生

Asagaya / Loft A(東京都)

2008/12/06 (土) ~ 2008/12/07 (日) 公演終了

上演時間:

1771年、一つの事件が起こった。
それを間のあたりに見た一人の青年がいた。
一冊の詩集を開いたまま死んだ男がいた。

「ぼくは、ぼくたちの未来を後悔した」

18世紀、フランクフルト。
その事件は、後に「悲劇」と呼ばれた。
「悲劇」、しかし、それはぼくたちの抗議の高さに達して...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画1

すべて見る

劇団再生2008年12月公演。
ゲーテが書き残した『ファウスト』。その成立の謎に迫る劇団再生悲劇。
推論と想像の果てに現出したのは、およそ人間的なる悲劇。
数世紀を駆け抜けるその物語にスポットがあたる。

公演詳細

期間 2008/12/06 (土) ~ 2008/12/07 (日)
劇場 Asagaya / Loft A
出演 市川未来、磯崎いなほ、鶴見直斗、田中惠子、さとうまりこ、あべあゆみ、田上雄理、福井貴男、宮永歩実
脚本 高木尋士
演出 高木尋士
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 2,500円
【発売日】
サイト

http://engeki.ne.jp/saisei/archive/20081206/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1771年、一つの事件が起こった。
それを間のあたりに見た一人の青年がいた。
一冊の詩集を開いたまま死んだ男がいた。

「ぼくは、ぼくたちの未来を後悔した」

18世紀、フランクフルト。
その事件は、後に「悲劇」と呼ばれた。
「悲劇」、しかし、それはぼくたちの抗議の高さに達していただろうか。
「悲劇」、しかし、そこにぼくたちの快楽は潜んではいなかっただろうか。

「ぼくたちには、空しかなかった」

劇団再生が描き出す逃げ道の無い物語世界。
狂い刻まれるメタルロックにのって「悲劇」が完璧する。

劇団再生にしか創ることができない艶やかな18世紀。
ぼくたちの名前は、法と恋と文学だ。
その他注意事項 第1部・トークショー『装置としての死刑(仮)』
鈴木邦男(一水会顧問)・高木尋士(劇団再生代表)・他

第2部・演劇『スーザンナ・マルガレータ・ブラント』
スタッフ 照明/若林恒美
音響/大和二矢
衣装/クラモチユキコ
ヘア&メイク/木下恭子
撮影・記録/平早勉・吉野邦彦・ツカムラケイタ
制作/中田祐子・劇団再生・AsagayaLoft/A

[情報提供] 2008/08/14 23:54 by さとまり

[最終更新] 2009/01/06 21:02 by さとまり

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー6

鮎

(3)

28歳、28作目。完全数28。演技がいいじゃないか。

あゆみ

あゆみ(0)

悲劇だけどあたたかい物語

こいけかなた

こいけかなた(0)

メタルロックで悲劇が完璧

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大