浅利慶太プロデュース

自由劇場(東京都)

2017/12/06 (水) ~ 2017/12/10 (日) 公演終了

上演時間:

とある総合病院の一室。

彫刻家の早田健は、半年前の交通事故で脊髄を損傷し、全身麻痺で寝たきりの状態。彼にとって、彫刻家としての創作活動を奪われた今後の人生は耐えがたいものだった。話すことしかできない余生を送るよりは、自ら死を選ぶ方が正しいと考えるようになる。

早田は「人間には自...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2017/12/06 (水) ~ 2017/12/10 (日)
劇場 自由劇場
出演 近藤真行、坂本里咲、吉田藍、桑島ダンテ、野村玲子、下村青、高城信江、宮川智之、斎藤譲、中村伝、劉毅、成松慶彦、坂本岳大
脚本 ブライアン・クラーク
演出 浅利 慶太
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 5,000円
【発売日】
5,000円(税込)
「四季の会」会員・一般共通、全席指定
サイト

http://www.asarioffice.com/inochi2017.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12月6日(水) 13:30
12月7日(木) 19:00
12月8日(金) 13:30
12月9日(土) 13:00
12月10日(日) 13:00
説明 とある総合病院の一室。

彫刻家の早田健は、半年前の交通事故で脊髄を損傷し、全身麻痺で寝たきりの状態。彼にとって、彫刻家としての創作活動を奪われた今後の人生は耐えがたいものだった。話すことしかできない余生を送るよりは、自ら死を選ぶ方が正しいと考えるようになる。

早田は「人間には自分の意志で行動を決定する権利がある。人間の尊厳は当人の選択から生じるものである。」と、退院を希望。病院を出れば残りわずかの生命と覚悟の上で、「死ぬ権利」を主張するのだった。

一方主治医の江間は「生命を維持するのが医師の義務」と、早田の希望を退ける。自らの意志が主治医に受け入れられないと分かった早田は、弁護士を雇い病院との交渉を試みる。しかし精神衛生法を根拠に、早田を強制的に留め置き延命治療を継続しようとする病院側。それに対して、早田は人身保護法に訴え出る。

ついに、早田の「死ぬ権利」を巡って病室を舞台に異例の裁判が幕を開ける。
その他注意事項
スタッフ 訳:新庄 哲夫
照明:吉井 澄雄
美術:土屋 茂昭

[情報提供] 2018/04/02 10:28 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/04/02 10:28 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大