演劇

第5回プロデュース公演 

tears

FREE(S)

東京芸術劇場 シアターウエスト(東京都)

2008/08/12 (火) ~ 2008/08/15 (金) 公演終了

上演時間:


 時代は終戦の色がまだ色濃く残る、昭和21年夏、 とある病院。

太平洋戦争が終わり、国民は傷ついた日本を何とか復興させようと必死になっていた。 そんな中、戦争によって体が不自由になった兵士たちは、生きていく気力を失い将来への希望も失いかけていく・・・。
傷の手当てだけでなく、心...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/08/12 (火) ~ 2008/08/15 (金)
劇場 東京芸術劇場 シアターウエスト
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 3,800円 ~
【発売日】
2008年8月12日(火)~15日(金)
東京芸術劇場小ホール2
東京都豊島区西池袋1丁目8番1号
開演1時間前
開演30分前
3,800円(全席指定)
下出丞一
キュウ
○前売り券
  03-5784-1490 (電話 11:00-20:00)
  office@free-es.net (Eメール 24時間受付)
○当日券
  各公演1時間前より劇場受付にて販売。
サイト

http://free-es.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明
 時代は終戦の色がまだ色濃く残る、昭和21年夏、 とある病院。

太平洋戦争が終わり、国民は傷ついた日本を何とか復興させようと必死になっていた。 そんな中、戦争によって体が不自由になった兵士たちは、生きていく気力を失い将来への希望も失いかけていく・・・。
傷の手当てだけでなく、心の介護も必死に行う看護婦たちであったが、なかなか兵士の 心には届かない。そこへひとりの青年が収容されてくる。 彼もまた戦争の犠牲者だった。両目を失い、暗い世界をひとり彷徨っていた。しかし明るく、気丈に振舞う姿に兵士たちは少しづつ心を開き生きていく意味を見出していく。そんな彼も決して強い人間ではなく、心を閉ざしていた。 その心は硬く、厚くコンクリートのように閉ざされていた。いつしか涙を流すことさえも出来ない人間になっていた。 強く生き抜いていくための心のガードが彼をそうさせていた。 彼が人としての心を取り戻し涙を流す日はくるのだろうか?
その他注意事項
スタッフ キャスト : 斉藤佑介

榎木薗 郁也

青木映樹・能登まり子・高橋里佳

春日勇斗・古川侑・肥田強志
よしだわたる・渡邊淳
森由佳・村椿玲子・笠島幸子
琴あやの・玉城美奈子・柳川菜美
杉山明世
浅川 クミ

下出 丞一

[情報提供] 2008/08/11 21:26 by みさ

[最終更新] 2010/08/30 21:29 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大