演劇

音楽劇

ラミュ作・ストラヴィンスキー作曲(トリオ版)

兵士の物語

0 お気に入りチラシにする

演劇

音楽劇

兵士の物語

ラミュ作・ストラヴィンスキー作曲(トリオ版)

マーブルズ

東部フレンドホール(東京都)

2018/06/17 (日) ~ 2018/06/17 (日) 開幕前

上演時間: 約1時間30分(休憩なし)を予定

「兵士の物語」は、1918年9月28日 スイスのローザンヌで初演されました。
スイス人作家の C.F.ラミュと ロシア人作曲家の I.ストラヴィンスキーによって、
今からちょうど100年前に誕生した音楽劇です。

ラミュは、日本ではあまり知られていない作家です。しかし、スイスでは...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演スケジュール

06/17
14:00

公演詳細

期間 2018/06/17 (日) ~ 2018/06/17 (日)
劇場 東部フレンドホール
出演 原田陽、柴欽也、久保奈津美、越前谷由隆、松森謙治、白神美弥妃
脚本 小口真澄
演出 小口真澄
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,000円
【発売日】2018/03/01
サイト

https://marbles.stage.corich.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 6月17日(日) 14:00
説明 「兵士の物語」は、1918年9月28日 スイスのローザンヌで初演されました。
スイス人作家の C.F.ラミュと ロシア人作曲家の I.ストラヴィンスキーによって、
今からちょうど100年前に誕生した音楽劇です。

ラミュは、日本ではあまり知られていない作家です。しかし、スイスでは、
どの家庭にも最低一冊のラミュの著書があると言われるほどの国民作家です。
1934年に発表された「デルボランス」では、1714年 実際に起きたアルプスの
地震による大規模な山崩れのなかから、奇跡的に一人の男が生きて戻って来た
という伝説をもとに構成されています。

 ストラヴィンスキーの最も有名なバレー音楽「春の祭典」は、1913年5月29日
パリのシャンゼリゼ劇場で初演されました。そのあまりに斬新なリズムと攻撃的な
音楽は、聴衆からは全く受け入れられず、ブーイングの嵐で一大スキャンダルと
なりました。
「兵士の物語」では悪魔が登場しますが、 スイス アルプスでは、昔 山頂には、
悪魔が棲んでいるから 決して近づいてはならぬと怖がられ、それにまつわる数々の
伝説や迷信が存在します。
登山ブームが起きて 山頂をめざすようになったのは、ずっと後のことです。



「兵士の物語」のあらすじ
 出征して兵隊となったジョゼフは、15日の休暇をもらい、ひさしぶりに故郷を
目指して、てくてく歩いていると、悪魔に出合ってしまったのです。
ジョゼフの持っていたヴァイオリンと、悪魔の持っていた本を交換したところから
大騒動となるのです。本には、未来の事が書いてあり、それによってジョセフは、
大金持ちになるのです。しかし、自分の良心との葛藤の中で、何もかも投げうって
悪魔からのがれ、昔の自分を取り戻すのです。
 そして、ついに王様の娘と結婚というところまでくるのですが・・・・・。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2018/02/25 22:23 by マーブルズ

[最終更新] 2018/03/02 02:23 by マーブルズ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

マーブルズ

マーブルズ(0)

脚本 演出

「兵士の物語」に携わっているメンバーです。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大