演劇

シアターコモンズ'18

【Scene/Asia企画】 マーク・テ/ファイブ・アーツ・センター [マレーシア]

演劇

シアターコモンズ'18

バージョン2020:マレーシアの未来完成図、第3章

【Scene/Asia企画】 マーク・テ/ファイブ・アーツ・センター [マレーシア]

シアターコモンズ実行委員会

港区立男女平等参画センター リーブラ(東京都)

2018/02/24 (土) ~ 2018/02/25 (日) 公演終了

上演時間:

国家/国民が夢見た近未来2020。
パフォーマーの切実な身体と声が奏でる、マレーシアの現在地。

演劇作家、映画監督、アクティヴィストらが集うマレーシア屈指のアーティスト・コレクティブ、ファイブ・アーツ・センター。その新世代の演出家マーク・テが手がけた近年の代表作「Baling」は、マレ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/02/24 (土) ~ 2018/02/25 (日)
劇場 港区立男女平等参画センター リーブラ
出演 リー・レン・シン、ファイク・シャズワン・クヒリ、ロジャー・リウ、イムリ・ナスシオン
脚本
演出 マーク・テ
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 4,800円
【発売日】
一般 / ¥4,800
学生 / ¥3,500
港区民 / ¥4,500
サイト

http://theatercommons.tokyo/program/mark_teh

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月24日(土) 17:00-
2月25日(日) 14:00-
説明 国家/国民が夢見た近未来2020。
パフォーマーの切実な身体と声が奏でる、マレーシアの現在地。

演劇作家、映画監督、アクティヴィストらが集うマレーシア屈指のアーティスト・コレクティブ、ファイブ・アーツ・センター。その新世代の演出家マーク・テが手がけた近年の代表作「Baling」は、マレーシアの忘れられた「国家建設史」に光をあてるドキュメンタリーパフォーマンスとして世界中で賞賛を浴びた(日本ではTPAM、KYOTO EXPERIMENTにて上演)。
今回上演する彼らの最新作は、1991年にマハティール政権によって発表されたマスタープラン「ワワサン2020」が出発点。2020年までにマレーシアを経済・教育・福祉などあらゆる分野で先進国家へと発展させる計画は広く国民に共有された。それから四半世紀。当時の子供たちは大人になり、2020年は目前に迫る。「過去に描かれた未来」という、時間軸がねじ曲がった現在に生きる5人のパフォーマーたちの身体と声は、希望と失望、共同体の歴史と個人の記憶の間で揺れ動く。彼らが奏でる断片化された歌/詩は、2020年に国家イベントを控えた今の東京に生きる私たちに、どのように響くだろうか。
その他注意事項 上演言語 / 英語、マレー語(日本語字幕つき)
スタッフ プロダクション・デザイナー|ウォン・テシィ
クリエイティブ・プロデューサー|ジューン・タン
プロダクション・アシスタント|レベッカ・イェン・リン
照明デザイン|シャムスル・アズハー
映像・出演|ファーミ・レザ
舞台監督|ウン・シゥ・イン
製作|ファイブ・アーツ・センター(マレーシア)
共同製作|SPIELARTフェスティバル・ミュンヘン(ドイツ)、国立近代美術館 <MMCA>(韓国)
助成|国際交流基金アジアセンター アジア・文化創造協働助成、公益財団法人セゾン文化財団

[情報提供] 2018/01/31 16:22 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/01/31 16:22 by CoRich案内人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. シアターコモンズのパス買った。今日はマーク・テ「バージョン2020:マレーシアの未来完成図、第3章」、藤井光「ピレウス/ヘテロクロニア」、ブシュラ・ハリーリ 「テンペスト・ソサエティ」の3つを観た。夜のトークがめちゃくちゃ面白かった。

    2年弱前

  2. マーク・テ/ファイブ・アーツ・センターの「バージョン2020:マレーシアの未来完成図、第3章」を見た。小道具の使い方が上手いしオキュパイ運動の演劇化としても面白かった。

    2年弱前

  3. マーク・テ/ファイブ・アーツ・センター『バージョン2020:マレーシアの未来完成図–第3章−』 (@ みなとパーク芝浦 in 港区, 東京都) https://t.co/2oq1IprZT4

    2年弱前

  4. マーク・テ演出の演劇公演「バージョン2020:マレーシアの未来完成図〜第3章〜」で、シアターコモンズ’18連携企画 Scene/Asia in Tokyoが開幕。公演は本日(14時開演)まで。当日残席あり(詳細はシアターコモンズ… https://t.co/S231krmxsd

    2年弱前

  5. 昨夜はファイブ・アーツ・センター「バージョン2020:マレーシアの未来完成図、第3章」へ。1991年に掲げられたビジョン2020のもと、経済成長を遂げてきたマレーシア。2020が近づき目標が引き伸ばされ、あらたにビジョン2050が… https://t.co/hkgoSBGDqp

    2年弱前

  6. 現在、マーク・テ/ファイブ・アーツ・センターの演劇「バージョン2020:マレーシアの未来完成図、第3章」に出演するために来日しているファミ・レザ。首相の風刺画の件で、禁錮1カ月と罰金3万リンギ(約82万円)の判決が2月20日に言い… https://t.co/g2CAZTI8AG

    2年弱前

  7. 24日と25日にマレーシアの演出家マーク・テによる日本初演作『「バージョン2020:マレーシアの未来完成図、第3章』が港区リブラホールで上演されます。こちらからパス購入をして、チケットを確保するシステムです。https://t.co/f8ZShdDl9E

    約2年前

  8. 2月24日・25日に上演するマーク・テ(マレーシア)の最新作「バージョン2020:マレーシアの未来完成図、第3章」は、日本初演、というかアジア初演です! https://t.co/o6JYa2ByvW お見逃しなく。 あと、この週… https://t.co/x2nU6pEBfi

    約2年前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大