演劇

福島県立いわき総合高等学校 総合学科 芸術・表現系列(演劇) 第14期生 東京公演

演劇

福島県立いわき総合高等学校 総合学科 芸術・表現系列(演劇) 第14期生 東京公演

1999

福島県立いわき総合高等学校

こまばアゴラ劇場(東京都)

2018/02/22 (木) ~ 2018/02/25 (日) 公演終了

上演時間:

「1999年、世界は終わらなかった。だけど世界はまだ気づいていない、私たちの誕生に。」
ほぼ1999年に生まれた10人の女子高生による演劇。
ノストラダムスの予言によると恐怖の大王が空から降ってきて、世界を滅亡させるという1999年。しかし世界は終わらなかった。
終わらなかった世界はどう...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/02/22 (木) ~ 2018/02/25 (日)
劇場 こまばアゴラ劇場
出演 相澤美咲、菅原七海、今野夢惟、鈴木奈巳、木下爽香、佐藤亜未、髙津美怜、青山千乃、鵜沼愛海、松本有生
脚本 野上絹代(FAIFAI /三月企画)
演出 野上絹代(FAIFAI /三月企画)
料金(1枚あたり) 500円 ~ 2,000円
【発売日】2018/01/07
<整理番号付自由席>
予約・当日共:大人2,000 円/高校生以下500 円
サイト

http://www.komaba-agora.com/play/5493

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月22日(木)19:00
2月23日(金)14:00 19:00★
2月24日(土)14:00★
2月25日(日)14:00
★=いわき総合高校家庭クラブフラチーム"Alohi mino'aka"によるフラのショーもあります。 詳細はいわき総合高校Webサイトをご覧ください。
説明 「1999年、世界は終わらなかった。だけど世界はまだ気づいていない、私たちの誕生に。」
ほぼ1999年に生まれた10人の女子高生による演劇。
ノストラダムスの予言によると恐怖の大王が空から降ってきて、世界を滅亡させるという1999年。しかし世界は終わらなかった。
終わらなかった世界はどうなったのか。
終わらなかっただけで世界はどうなってるのか。
その年に生まれた彼女らはいわば、「世界の終わりに誕生した希望」。
JKだからってキラキラした甘酸っぱいことすると思ったら大間違いだぞ。
走って転んで泥だらけでも大笑い。
そんないじらしい舞台にしていきたい。
その他注意事項 *未就学児童はご入場頂けません。
*高校生以下のお客様は、当日受付にて学生証をご提示ください。
スタッフ 舞台監督:佐藤恵
舞台美術:佐々木文美(FAIFAI)
照明:中山奈美
音響:佐藤こうじ(Sugar Sound) 泉田雄太
音楽:佐藤公俊 難波卓己
宣伝美術:廣岡孝弥
制作:齋藤夏菜子 遠藤崇 山﨑祥子
記録・映像:大倉英揮(黒目写真館)
企画・制作:福島県立いわき総合高等学校 総合学科 芸術・表現系列(演劇)
主催:福島県立いわき総合高等学校
提携:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場

[情報提供] 2018/01/30 16:30 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/01/30 16:30 by CoRich案内人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 【ブログを更新しました】 福島県立いわき総合高等学校『1999』を観てきました。 とても素敵でしたので思わず書いてしまいました……。 https://t.co/KZlwNq8OG1 https://t.co/Y6q1sb0RhA

    Dw9ceuhu0aak8rb

    2年弱前

  2. こまばアゴラ劇場にて、福島県立いわき総合高等学校『1999』。素晴らしかった。世界の終わりは来なかったけど、『1999』はこれで本当に終わりなんだと思うと、胸がいっぱいになって、批評はおろか、感想すら喉につかえてまともに言えない状… https://t.co/Lrc4z7hz99

    2年弱前

  3. こまばアゴラ劇場にて、福島県立いわき総合高等学校『1999』を観た。だめだ。顔がぐしょぐしょだ。本当によかった。ラトブもふっとぶぜ!私!私!私! 私!私!私! 私!私!私!

    2年弱前

  4. 福島県立いわき総合高等学校『1999』 えがったー。えがったよ。 ザ☆聖飢魔II演劇。(または、仮面女子演劇) 高校生にしか生まれない説得力があった。 (嘘のシーンは特に良い) ラストはずっと泣いていた。

    2年弱前

  5. 福島県立いわき総合高等学校「1999」観劇。1999年に生まれた子達がいろいろぶつける物語。滅亡じゃなく希望が見える物語。良かった。就職先の研修で一人出演できなかったみたいだけど、そのくらい配慮してあげてもいいのにね。

    2年弱前

  6. 野上絹代演出らしい愉快なわちゃわちゃ感が楽しかった福島県立いわき総合高等学校『1999』。80分観終わる頃には9(+1)人の名前や個性も不思議と把握できてたのでテストして欲しかった笑。最後の繰り返しはしつこいようでいて実は逆回りと… https://t.co/MEj3FmDkOR

    2年弱前

  7. 福島県立いわき総合高等学校 『1999』これは学生たちの力不足と言うより、作・演出の野上絹代が、彼女たちの魅力や出てきたアイデアをうまくまとめ切れなかったせいだと思う。何とも残念だ。

    2年弱前

  8. 福島県立いわき総合高等学校 『1999』あまりにもとっちらかり過ぎ。詰め込み過ぎ。楽屋落ち多過ぎ。岸田戯曲賞を獲ってしまった『ブルーシート』と比べるのは酷だが、「作品」としての完成度をもう少し高めるか、さもなくば18歳の彼女たちのもっとリアルな姿を見せて欲しかった。

    2年弱前

  9. 【今週の観劇予定1】オフィスコットーネプロデュース「夜、ナク、鳥」(2/17-2/24 吉祥寺シアター)、カオルノグチ現代演技「演劇部のキャリー」(2/22-2/28 OFFOFFシアター)、福島県立いわき総合高等学校「1999」(2/22-2/25 こまばアゴラ劇場)

    2年弱前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大