ミュージカル

劇団Castalia第二回公演

ミュージカル「太陽の神殿」

0 お気に入りチラシにする

ミュージカル

劇団Castalia第二回公演

ミュージカル「太陽の神殿」

ミュージカル劇団「Castalia」

板橋区立文化会館・大ホール(東京都)

2018/01/14 (日) ~ 2018/01/14 (日) 公演終了

上演時間: 約1時間55分(休憩含む)を予定

運命の分岐。
それはこの世に誕生した、その瞬間。

10の時を刻む太陽の柱が等しく重なった時、産まれ出た女子が太陽神の妻となる。
それが「太陽の巫女」。

時は1532年。
その年は例年になく盛大な祭りが催された。
楽師として神への奉納を行うため、初めて神殿へ上ってきた少年カイ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/01/14 (日) ~ 2018/01/14 (日)
劇場 板橋区立文化会館・大ホール
出演 今田萌、遠野鞠緒、進の助、西大地、Toshi、生田緑地、辻花、春日裕樹、Rieko、館松詩織、ゆか
作曲 川波ちひろ
脚本 大野真由美
演出 大野真由美
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 2,500円
【発売日】2017/11/05
前売・当日共通
サイト

http://www.itabun.com/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 運命の分岐。
それはこの世に誕生した、その瞬間。

10の時を刻む太陽の柱が等しく重なった時、産まれ出た女子が太陽神の妻となる。
それが「太陽の巫女」。

時は1532年。
その年は例年になく盛大な祭りが催された。
楽師として神への奉納を行うため、初めて神殿へ上ってきた少年カイタナは、10年振りに神への輿入れとして選ばれた少女スワニータに、一目で心奪われる。
そのスワニータの傍で、侍女として働く少女スクリャ。
スクリャはスワニータと瓜二つの顔をしていたが、その運命は全く異なるものだった…

二人の少女を見守る神官
怪しげな女
他国から来た男

様々な想いが交錯する中、平穏な生活を脅かす残酷な足音が静かに近づいていた。

同じ日同じ時同じ胎内で生まれた二人の少女の運命の輪が、今動き出す。
その他注意事項 未就学児は膝乗せでの観劇可。
スタッフ 【演助・振付】西垣陽子、【舞台監督】TAKA、【照明】高瀬勇佑(RISE)、【音響】石井秀明(Tonerico green)、【デザイン】赤坂由乃、【企画・製作】トート音楽企画

[情報提供] 2017/12/22 22:05 by Castalia/SOL

[最終更新] 2017/12/22 22:05 by Castalia/SOL

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. いよいよ公演が来週の日曜日なので少し今週は宣伝をさせていただきます オリジナルミュージカル『太陽の神殿』に出演します 1/14(日)板橋区文化会館小ホール インカ帝国風の国を舞台に 巫女と選ばれなかった忌み子、その双子の運命は… https://t.co/tDDySMGvfj

    9ヶ月前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

Castalia/SOL

Castalia/SOL(0)

「ミュージカル「太陽の神殿」」に携わっているメンバーです。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大