演劇

ウイングフィールド協力公演

冬のトマト

虚空旅団

ウイングフィールド(大阪府)

2008/09/19 (金) ~ 2008/09/21 (日) 公演終了

上演時間:

ある雑居ビルの屋上菜園。一階にはスペイン料理屋が、二階には弁護士事務所が入っており、その上にはそれぞれの理由で夫と別れ逃げ込んできた女性達が集まって暮らしていた。ある日、夫からDVを受けて身重の朝美が弁護士を頼ってやってくる。彼女は自分に起こった出来事が夫によるモラルハラスメントだと知り、保護...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/09/19 (金) ~ 2008/09/21 (日)
劇場 ウイングフィールド
出演 守時由希子、中條睦子、赤鹿充翁、得田晃子(水の会)、松中清美、守島麗子
脚本 高橋恵
演出 高橋恵
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 2,300円
【発売日】
前売2000円
当日2300円
高校生以下1500円(要学生証)
サイト

http://www.ac.cyberhome.ne.jp/~koku-ryodan/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ある雑居ビルの屋上菜園。一階にはスペイン料理屋が、二階には弁護士事務所が入っており、その上にはそれぞれの理由で夫と別れ逃げ込んできた女性達が集まって暮らしていた。ある日、夫からDVを受けて身重の朝美が弁護士を頼ってやってくる。彼女は自分に起こった出来事が夫によるモラルハラスメントだと知り、保護命令を求め刑事訴訟を起こすことにした。平穏な生活を求めてシングルマザーたちは元配偶者たちと静かに戦ってゆく。
タイトルの「冬のトマト」とは本来夏に向けて成育し、実をつけるトマトが過酷な環境の中生き、ゆっくりと赤く、甘くなってゆく様子と、各登場人物の状況を重ねたもので、厳しい環境の中、それでも生きていこうと耐えぬく様子を描いています。

その他注意事項
スタッフ 舞台監督:塚本修(CQ)
      照明:池辺茜(Blue,Blue)   
      照明操作:岩元さやか(舞台部隊)
      音響:大西博樹
      舞台美術:宮内ひろし
      宣伝写真:稲福浩一
      制作:尾崎雅久、 虚空旅団
      協力:ウイングフィールド、 クオークの会

[情報提供] 2008/07/25 19:59 by

[最終更新] 2008/09/19 23:56 by

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大