ニットイット

千本桜ホール(東京都)

2008/11/29 (土) ~ 2008/12/01 (月) 公演終了

上演時間:

【イントロダクション】

そこは、同棲中のカップルのリビング。
そこは、戦地の捕虜収容所の独房。
そこは、政府系研究所の控え室。
そこは、ニートがひきこもっている部屋。

近くて遠い、どこかのショートストーリー達…。

テレビも、新聞も、雑誌も、インターネットも、
毎日、グ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/11/29 (土) ~ 2008/12/01 (月)
劇場 千本桜ホール
出演 生駒祐佳子(MYproDuce)、犬伏憲司(安全分子)、田中一成(TeamGoodSpeed)、本堂史子(カリバネボタン)、森宏之(Team8890)、渡部孝幸
脚本 赤松泰
演出 赤松泰
料金(1枚あたり) 0円 ~ 2,500円
【発売日】2008/10/01
前売2200円、当日2500円
(税込/日時指定/全席自由)

※2008/12/1(月)午後2時の回のみ『昼タダ』!
どなたでも無料でご覧いただけます!
(確実な入場の為、御予約をオススメします)
 
サイト

http://www.geocities.jp/nittoitto/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【イントロダクション】

そこは、同棲中のカップルのリビング。
そこは、戦地の捕虜収容所の独房。
そこは、政府系研究所の控え室。
そこは、ニートがひきこもっている部屋。

近くて遠い、どこかのショートストーリー達…。

テレビも、新聞も、雑誌も、インターネットも、
毎日、グロテスクなまでに世界をパッチワークしてみせる。
世界はいつだって、同時多発だ。


演劇だからこそ、
どのメディアよりも、遠い場所を重ねて観せることができるのではないだろうか?

すべては世界の何処かで、同時に起きている。
数十分間、世界一周。

 *******************************
 【解説】
 
 「何処かのオムニバスのため四重奏」は、
 従来のオムニバスとは、まったく異なります。
 
 ショートストーリーを一つずつ上演するのではなく、
 同時上演するスタイルです。
 
 それは、「世界」を同時に観る試みとも言えます。
 アナタもぜひ、舞台で世界の現状を目撃してください。
 
その他注意事項 ■12/1(月)午後2時は「昼タダ」!
------------------------------------------
12/1(月)午後2時の回を無料公開いたします!

Q._昼タダとは?
A._特定の昼の回を無料公開するサービスです。
本作品は、いまの地球上を演劇的に見渡す、という貴重な体験を
皆様にお届けしようとするものです。
より多くの方に観ていただきたく為、昼タダを実施します。

どなたでも_無料でご覧になれます。
ぜひ、このチャンスをお見逃しなく!

ニットイットを体験済みの方はもちろん、

「初めての劇団はちょっと……」 
「好みの作品かわからないし」
「値段に見合うお芝居か不安」

というお客様も、お試しとしてお気軽にお越しください。


■御入場に関する注意事項
------------------------------------------
・未就学児のご入場はご遠慮下さい。
・駐車場はございません。公共機関をご利用下さい。
・劇場内は禁煙とさせて頂きます。喫煙所はございません。
・開演5分前を過ぎますと、
 未入場の前売・御予約のお客様のお席を
 当日券・キャンセル待ちのお客様にお譲りしますので、
 混雑具合によってはご入場頂けなくなる場合もございます。
 あらかじめご了承下さい。
スタッフ 舞台監督:府川亮、照明:寺田香織、音響:嶋田匡洸(電子音響)、舞台美術:坂享宣(ソマリ工房)、宣伝美術:WebDesignWAD、ウェブデザイン:島村智紀、ロゴデザイン:佐久間大、制作:谷田貝健太(DanceCompanyMKMDC)/ニットイット、企画・製作:ニットイット

[情報提供] 2008/07/18 15:30 by ウサ

[最終更新] 2008/12/18 10:24 by ウサ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー3

カイ

カイ(70)

雑用から制作まで。

わぃ

わぃ(0)

雑用から役者まで。

ウサ

ウサ(1)

雑用から作・演出まで。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大