『青いポスト』/『崩れる』 公演情報 『青いポスト』/『崩れる』」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.4
1-20件 / 30件中
  • 満足度★★★★★

    静かできれいだからこそ響いてきたような気がします。
    社会の問題ではなく自分の問題。
    いい人、悪い人ってなんだろう。
    それを決める権利なんてあるのかな?
    2017年特に印象に残った作品です。

  • 満足度★★★★

    『青いポスト』

    一見「いつものアマヤドリ」であって、「いつもの」ではない。
    もう1本の『崩れる』が台詞(会話)の緩急・動静でリズムを生み出し、物語を先に進めていたが、こちらではシーンのつながり・重ね方で、物語を進めるリズムを作り出していたように思う。

    (以下はネタバレBOXへ)

    ネタバレBOX

    前後で行われるシーンと、次のシーンへ前のシーンを残したままつなげる手法。
    しかもそのテンポは速い。
    テンポの速いシーンの連続に、背中を押されるようにストーリーにどんどんとのめり込まされていく。

    これには「声のトーン」もあるだろう。
    双子たちの高くて揃ったトーンが要所要所で効いている。

    物語の中心には「善・悪」がある。それは以前の作品の延長線にあるようにも感じる。だから「いつもの」感があるのかもしれない。群舞もあるし。

    双子の姉妹はどう見ても「悪い」が、消されなければならないほどか、と言われれば、そんなこともないのではないかと思う。
    そもそもこの町の掟は、上から決められたものであったのではないかと思う。
    住民たちが自ら考え出したルールとは思えないからだ。つまり「消す人を選ぶ」なんて誰もやりたくはない。

    「多数決」による「住民の総意」とい形をとることで、「住民自らの選択」と思い込ませるというルール。
    「ルール」ありきで、「おかしい」と感じても元には戻れない。
    これこそが「大きな悪」なのかもしれない。大きな力による悪。

    毎年消される人が必ず1人選ばれるということは、いずれは「良い」「悪い」と関係なくなってくる可能性があることや、こんなに悪そうな双子が今までなぜ選ばれてこなかったなど、突っ込みどころのある「設定」が、この作品の要点ではなく、それをベースとして人との関係(距離)や自分自身のことをクッキリさせる。

    どう接して、どこまで踏み込んでいいのか、あるいはどこまでの関係なのか、がわからなくなってしまうことがある人もいるだろう。「これ、言ってもいいのか」などと迷ったりすることなどだ。
    委員会での関係がいい例で、そこでの関係はその場限りが前提のようだ。「人が消えること」を扱うのだからもっと人間味があってもいいのではないか、と思うサユリのような人も出てくる。

    また、双子とその育ての親の関係もそうだ。双子から叔母への距離感と叔母から双子への距離感にはズレがある。ズレがあるから哀しくなるのだ。
    ミズキが文通をしたり妹と話すときの感覚も、距離感が違いすぎる。一見「無害で人の好い」ミズキが、実は人を真綿で首を締めるように傷つけている、のではないかということが個人的に共感できすぎて痛い。良かれと思ってやる「お節介」は他人を苦しめることもある。

    先に「シーンのつながり・重ね方で、物語を進めるリズムを作り出していた」と書いたが、それは逆に登場人物たちの、それぞれのシーンでの役割・位置づけを観客の中で醸成させるには短すぎたのではないかと思う。また、その時間では登場人物たち役者もそれぞれのシーンで役を固定されるのがあまり上手くできなかったのではないか、とも思った。

    おばあちゃんを演じた中村早苗さんと、姉・ミズキを演じた小角まやさんの、全体の急な流れとは違う進み方が良かった。
    しかも、おばあちゃんと姉の役割が違うので、それぞれのテンポであるところが上手いのだ。
  • 満足度★★★★★

    『崩れる』

    公演が始まり、明らかに「いつものアマヤドリ」とは違うことに気づく。
    シーンの重ね方、物語の進める方法がまったく違うのだ。
    いつもよりも、さらに台詞のやり取りに重きが置かれているようだ。
    しかし、その台詞のやり取りが凄すぎる。
    台詞のやり取り、というよりは「会話」の凄さに圧倒された。

    演出がいいのか役者がいいのか、その両方なのか。
    一見簡単に見えて、このレベルの作品にはまず出会えない。

    この凄さは、こういう感じの、若者の普通の会話劇を目指していて「(自分たちは)そこそこできてるんじゃない?」と思っている演劇関係者が見たら震えるんじゃないか、と思うほど。

    新しいアマヤドリ! 大歓迎!


    (以下ネタバレBOXへ)

    ネタバレBOX

    大学の同窓生だった男たちがサイクリングの旅に出て、泊まった先の宿で交わす会話劇。
    ハリーこと針谷が知らないうちに、他の3人は中止したはずのキャンプをやっていた。
    そこに来た女の子・ミライと猪俣が付き合っている。
    ミライはハリーも好きな子だ。仲間はそのことを知っていた。
    彼らはハリーには猪俣が付き合っていることも、キャンプをしたことも黙っていたのだが、宿でハリーに打ち明けることになった。そしてハリーは怒り出す。

    ハリーがキレていく様が本当に怖い。
    まったく着地点が見えないからだ。

    そこに従業員のこじらせているヤバイ奴・松本のエピソードが挿入されることで、着地点がまったく見えなくなってくるのだ。
    松本は「どうすれば満足なんだ」に対する答えがないからだ。
    同様にハリーの怒りも、とても冷静で論理的なので、逆にどうしたいのかが見えてこない。

    金沢と江田は、実際は自分たちのの話なのに、なんとなく猪俣の話、猪俣と針谷の話に変化させていく。さらに江田はずるく立ち回る。
    自分たちが「悪者になる」とかならないとかという会話は、他人事だから出てくるものだ。

    だから針谷の怒りに対して、「まあまあまあ」の感じで接しているから、針谷の論理的な怒りには対応し切れていない。

    と思っていたら、ぐらりと状況が回転した。

    針谷の真意は、同じ会社の猪俣を人員整理したいということだったので、キャンプのことも付き合っていることも知った上で、怒ってみせていたことを明かす。

    針谷は論理的に、つまりどこか冷めた頭で怒っていたので、自分の仕掛けた罠を客観的に見てしまったのだろう。だから、自分に嫌気がさして本心(罠であること)を仲間に告白してしまった。

    そこに至り、本当に「自分がどうしたいのか」がわからなくなってしまったのだろう。「怒りの着地点」からの移行されていく様がいい。

    彼の気持ちの揺れ動きの表現がかなり良い。
    そして観客にそのことをきちんと分からせるために、宿の主人・園田が、彼の気持ちをくみ取りながら、話が納まる方向を占めそうとする。カウンセリングのように。
    そもそもこの宿は、「行き場のない奴のたどり着く先」みたいな話だったので、宿の主人・園田はこうした面倒くさい人の対応は心得ている、という設定がきちんと活きているのだ。

    蜘蛛の巣のように、張り巡らされた設定がすべて上手く絡み合っている。
    本当に上手い戯曲である。
    さらに台詞やシーンの緩急、動静のリズムが気持ちよく、さすが広田淳一 さんの作・演出であると思わざるを得ない。

    シリアスな会話が交わされるのだが、笑いもある。
    真剣な他人の会話は、外から見ると面白いというのもあろう。
    「フラットな」「ドローン」「ごめんを返す」なんて台詞の面白さもあった。

    そして役者たち。素晴らしい。

    針谷役の石本政晶さんが、かなりイヤな感じでねちねちと仲間を責め立てるのが、上手すぎ。冷静な顔で責め立てる。こんな風にされたらどうしようもない。

    そして江田役の倉田大輔さんがスゴすぎる!
    今までもアマヤドリの作品で見て、「ちゃらいのが上手くて、テンポのいい俳優さんだな」とは思っていたが、今回は驚くほどの上手さだった。
    台詞の切り返し、気持ちの切り返しの上手さに驚く。ちゃらくてイヤな奴(笑)が、無意識に自分だけを守ろうとして躍起になっている感じが良すぎるのだ。

    アマヤドリには、「化け物だ」と思うぐらい凄い役者・成河さんがいたし、そして中村早香さんという、グイグイ来るわけではないのに、つい引き込まれてしまう上手い役者さんもいる。

    アマヤドリには、磨かれるとぐいっと出て来る役者さんが常にいるという印象が、倉田さんの登場でさらに強まった。磨き方も上手いのではないか。
    この作品を観ると、さらに次にぐいっと出て来そうな人たちもいるようだ。

    すでに次回作が楽しみになっている。
  • 満足度★★★★★

    鑑賞日2017/12/03 (日) 15:00

    考える事多くてグラグラしている中、ホストパフォーマンストークでもっと難しい話しされて完全にオーバーフローw唯々凄く良かった。「答え」はない事が本質的で、正義とか悪とか、好きとか嫌いとか、僕らはそれを手元にどうしても寄せてしまうのだなと…『崩れる』観れず痛恨

  • 満足度★★★★★

    明かりが落ちていく中の宮崎雄真さんの最後の謎めいた台詞は、これまでの作品とはひと味違った。そこへ向かう二人のシーンでの石本政晶さんが素晴らしい。人は困ると笑ってごまかしがち。その笑いと、やってしまった自己嫌悪と、疑念と困惑が混在する表情がコンマ数秒で交錯する👍

  • 満足度★★★★

    『 青いポスト』『崩れる』
    関係図を見ずに観劇。
    それでもひとりひとりの関係性がすごいわかる。
    あの手書きの関係図もあたたかみかがあって凄い素敵だ。

    ネタバレBOX

    青いポスト
    女性の強さを感じた。
    自分に似た人間を舞台上で見つけてしまいとてつもなく苦しかった。あの役者陣も脚本も凄いですね。
    悲しいくらいにこの世は優しさで溢れているのかもしれないなー自分をよく見せるために使う手段としての優しさも含めて。
    でもそれって、どうなんでしょうね。
    本当の良い生き方ってなんなんでしょうね。
    あのシンプルな舞台美術すごいなぁ。
    ヤヨイさんがイス?を置いた瞬間町がぐぁぁぁあって広がっていってその綺麗さに圧倒されました。
    アマヤドリは始まりが素敵な作品が多い。
    ヤヨイさんのあと5分だけも物凄く大好きです。
    群舞、特に最後のが生命力?エネルギーに溢れていて圧倒されないように倒されないように前のめりで観てしまった。凄い。圧巻。


    崩れる
    この掴めそうで掴めない感覚が悔しかった。
    男だからわかる、っていうのがあるのだろう。
    女だから本当のところから少し離れたところで見てしまっているような気がしてならなかった。
    男と女の差ってなんなんでしょうね。
    針谷は猪俣と決戦するつもりでいて河合をこのツーリングに誘って巻き込んでいたとしたら、河合が1番可哀想なやつなのかもしれないなぁと。
    江田が天才的だった。あの絶妙な感じ。もっとほかの場にいたら不快な感じはしないだろうに、あの場にいると不快でしかない。笑 でも本当に、身近にいるよね。
    許すってなんなんでしょう。許すっていうのは本当に存在しているのか、っていうところまで考えてしまう。私も人をちゃんと許せているのかわからない。私は許さずに忘れているのか、妥協しているのか。それは許すに入るのか。


    ふたつの作品に通づることだけど
    言わなきゃいけないのに相手を思うからこそ言えないことってこの世の中に沢山あるな、と思いました。
    言うのが幸せか。言わないのが幸せか。
    その判断はじゃあ誰が下すんでしょうね。
  • 満足度★★★★★

    鑑賞日2017/12/01 (金) 19:30

    『青いポスト』を見てきました。

    青いポストなんていうと水曜日郵便局のことを思い出したりもしてしまうのですが、こっちはもっとブルーなポストさんでした。

    最初はなんか白土三平かいな?とか思ってたんですけど、見てるうちになんか分かってきた気がしました。

    ネタバレBOX

    「おっぱいなんてこの世に存在しないと誓ったではナイカ(この瞬間ワタシこの子らの鼻の下に心のちょび髭が生えたのを見た気がしましたですイヤホント」な双子の姉妹が実はこの物語の中で一番可愛いんじゃないかいな~といち早く気付いた男性ほど、この物語を楽しむタイミングが早くなる!(これマジですわ

    みんなでネコをかぶって、牽制しあって・・・なんかこの世界、男がいるはずなのにどっこも出てこない、何で?と思ってたがなんのこたーない。げんこつ団なんかもそうなんだが、女性は男性のことを見ていない。女性は女性にどう評価されるのかを死ぬほど気にしあっているのだ(とか別に偉そうに言うほどのことでもないけど

    ひょっとしたら男性の観客は、ラストで消えた女の子(妹のほう)がどっかに攫われて殺されたんだと思ってるんじゃないのか?

    その可能性ももちろんある。

    でも、明記されていない。

    判断は観客の心の中に委ねられているのだッッっ。

    そんな中で自分が選んだ回答は「マトモな男に連れて行かれる」ではなかろうか。

    いやいや~そんな伏線無いでしょう、と言われるかもしれないけれど、そんな伏線めっちゃある、と自分は少なくともそう思い込んでみた(確かじゃないけど

    この姉妹が、女流小説家がデビュー前にドロドロの心の内を書き散らかした手紙を郵便局員からかっぱらって盗み読む場面がある。

    その手紙の中で、男は彼女(小説家と思われる)と別れて別の子と住んで、病気になって元カノのケーキを食べたい~ってなって、その元カノはケーキを持っていくが今の彼女にお礼を言って捨てられて、元カノは今カノを刺し殺す。彼氏は病気で死ぬ。二人の死体を埋めるところで物語は終わる。

    姉妹は男の移り気の原因をおっぱいの大小ではないかと邪推して、最初に書いたような台詞を言うのであった。男の移り気の原因が純粋に不純におっぱいによるものだけだとするならばっ、心は元カノのところにあったのではないのか、あるいは胃袋が。だとしたら本当に愛されていたのは誰なのか?幸せとはいったいなに?

    次消される人ランキングトップの双子の姉の選出を盤石にしようとしてなのか、妹の方は町長の娘の友達の郵便局員をどら焼きで買収しようとする。

    ・・これは血を分けた姉妹の醜い争いなのか?

    それともドラえもんとドラミのような美しい兄妹愛なのか?もぐもぐどら焼きうめぇ(買収されてないっス

    不正行為は厳罰。買収はイクナイ。

    もし妹が買収しようとしたなら次消される人ランキングトップに無条件で繰り上げ。そして妹、消える。マジかー。でも、年がよく分かんないんだけどまだ若い女の子が双子の姉のためっぽく買収したフリをしてどら焼きとか渡してたら可愛くない?とか思うのは男性目線なんで分析的な批評の場ではご法度ですたい、いや、ホントマジ、信じて

    ・・・・でも、あのどら焼き・・(ゴクリ(どら焼きが気になってるだけではない

    ひょっとしてこの物語の中で唯一の愛情として描かれていたのは、あのどら焼きと、あと一つ食べ物の描写があった!あのケーキだ。

    そうか、やはりあれは愛情だったのだ(ここまで物語仕立てで描いているけど見ているときはどら焼きを見た瞬間一瞬で分かりましたッス

    結果、妹が消えました。愛情ゆえに。

    自分が消え去ることで頭が一杯だった姉は残りました。いや、残されたと言うべきでしょうか。

    だがよく見て下さい、

    この女の子の中で一番素直に柔らかく女の子らしい愛情を表現できたのはこの子(妹)だけなんですよ!(涙(泣くなよ・・

    だからドラえもんのようなナイスガイ(イケメンかは知らんが)に攫われたとみるのが妥当ではないかとワガハイ思いますたい

    世の中インスタばやりで、「いいね」に飢えていて、オイラの同級生はみんなフェイスブックやってて、やれ「ドイツから帰ってきた」だの「ニューヨークの飛行機が飛ばない」だの書いていて、オッサンのいいねしかゲットでけてない、そんなことより若い女の子たちは色が一杯の「いいね」にみんな飢えているのになー。もっとカラフルにしろよフェイスブック、むさいんだよ、とか言えない・・まぁ男同士でディスるのはご愛嬌ってことですが・・

    だがしかし、

    色んなひとから「いいね」がない女の子はこの世から消えたようになってしまうのだ(恐ろしいこっちゃでイヤほんま。男で良かったー(-_-;)

    でも、いいね、ばかり気にしていると、身近な人の優しさに気付かず取り残されてしまう。

    素直に生きるって大事だよね(さんざ書いて普通のことしか言えへんのスンマセン((-_-;)
  • 満足度★★★★★

    鑑賞日2017/12/02 (土) 19:00

    開演の導入が良かった。
    ストーリーが面白い上に、考えるべき深い内容だった。
    身体表現も群舞も綺麗だった。
    とりあえず、青いポストは怖い。

  • 満足度★★★★★

    始まりと、終わりにヤヨイが語りかける。没入するタイミングをある種、持たせない独特の入り方はアマヤドリらしいのか。私の住んでる街と違わない(ハズ)のもう一つの(カワッタ)街の物語を、今日、観た。それが「青いポスト」。その街では、国民投票で年一回、悪いヒトが決まる。「選ぶ」側と「選ばれる」側。民主的だ。多数決で「消える」人を選ぶのだから。民主的?本当に??その国のルールだから、OKなの?うまれた時からだとそこに疑問を持たない。ヒトはその集団の中で、点と点同士の関わり合いで異なる集団では違った「自分」がいる事が観て感じた。「家族」の中で、「友人」の中で、「仕事」の中で、どう立ち振る舞う事が正解か答えは様々な気もするが、自分はどうだろうかと思う双子の逃げちゃったお母さん(実際は出てこない)、双子の叔母(一川幸恵さん)が自分的に凄く気持ちが寄る役どころだった。お母さんの言葉が、今の日本の母親たちに凄くかせられてるというか、そういった「目」で見られてるし、その圧に耐えられない人もいるって、物凄く分かる。だからといって、お母さんの行動を肯定する訳では無いけど、あの「国」だったら逃げたくなるのかな。叔母は逃げず、二人を育てたというある種対極なんだけど、でも、彼女の本当の気持ち叔母の気持ちはどーなんだろうかな?と思った。縮図ぽいといったら確かにそうかもしれないけど、意識してないけど、やっぱり、自分も良く思われたいから、そうふるまってしまうし、そうでないヒトを排除しようと思うのかもしれないな。
    「悪い」ってそもそも、何だろう?
    劇中に殺人以外・・・みたいな台詞もあったが、「悪い」ってそれぞれ個人の捉え方で「善意」が「悪意」ってオセロみたいにひっくり返るものかなと。姉の「善意」は妹にとって「悪意」、「悪」と「善」は紙一重。あっという間に色すら変わる

    毎回思うのだが、本当にアマヤドリの衣装、素敵なのです。色のバランス感覚って本当に重要だと。あと、やはり、陰影の美しさ。壁に映る客席からは見えない影での表情みたいなものも感じる。そして、群舞からの頬に受ける、風。好き。



    「崩れる」中盤から胃がキリキリというか、自分に過去に湧き上がった「怒り」の感覚が浮かんできて、苦しくなる。「許す」ってなんだろうかとも、思いながら、俯瞰でみるとしたら「許せる」事も同じラインに立った時点で「許せない」ものかと。
    昨日観た「青いポスト」、そして本日の「崩れる」広田さんの新作はある種「アマヤドリ」が苦手だと思ってる方も一回是非、観て貰いたいと思った。特に針谷役石本政晶さんが、私が今まで拝見した中でダントツに良かった。そして、あの役、しんどいけど、石本さんがやる事によっての怖さというか、ぞくぞくするなんというか、刺さってくる感情の伝わり方が凄かった。江田役の倉田大輔さんが劇中の台詞をお借りするならば「人格が凄い(ある意味)」。物凄く、倉田さんならではの江田という役があの場所に存在する不快感や、でも、そういった人は現実には必ず存在して、あんな生き方で上手く生きていけるんだろうなと。園田役の宮崎雄真さんが発する台詞にキリキリした私の胃が緩和される。あの宿に集うヒトはもしかするもしかすると、意図しないけど、引き寄せられて糸にくるまれ、逃げ場所としてあそこに来てしまうのかもしれない。雨が降る。吐き出した怒りと、罠と、どうにもできない感情と。最後、雨の中。雨の中・・・。

  • 満足度★★★★★

    鑑賞日2017/11/28 (火) 19:30

    『崩れる』観劇しました。
    ラストを見て怖いと感じるか、刹那いと感じるか。

    ネタバレBOX

    ツーリングをしている全員が騙し騙され合っている。

    …それはある意味自転車のレースのようで。
    なるほど上手く書いているなあと思った。

    宿の主人が同窓をリストラした若者をたしなめるが、それは自分の若い日を投影したのか。

    言い過ぎたかもと立ち止まる所で崩壊が始まる。

    嵐の中飛び出した若者たちだけは生き残ったんだうか?

    よく考えればこんなこと、民間会社に入ればしょっちゅうで、自分も断ったが就活のとき、内定者と楽しく語らった後で別室に呼ばれて社長に気にいられたので誰をクビにしてもいいと言われた。

    後で内定と一緒に周りに黙って辞退した。

    賢明だとそうなんだ。辞めるにしろ辞めないにしろ。

    誰にも言いはしない。だからこそのトップ指名。

    そういう意味では賢明ではなかった。

    あれは厳しさではなく優しさだったのか。
    ロクな会社ではないので早く辞めたほうが良いよと。

    それが良いのか悪いのか。
    蜘蛛の巣。救いなのか破滅なのか。
  • 満足度★★★★

    良かったです。
    ストーリーや会話の内容がいい上に群舞やダンスソロがあって変化があるので変化があって見やすいです。
    役者さんの演技も上手でした。

  • 満足度★★★★

    勤労感謝の日に『青いポスト』を鑑賞。女性12人による舞台。通常の舞台側が客席になるというのは、今年これまでこの劇場で観た舞台3つのうち2つがそうだったので、そのことに特に驚きはしなかったが、通常の出入口ではなく楽屋を通って客席に入ったのは初めて。

    この劇団の舞台は初めてだったが、役者さんの各シーンのレイアウトや交差する度の芝居の変化、ダンスの素晴らしさなどが印象的。性格の悪い双子のうち1人がブロンドだったので、昔観た『小さな悪の華』という映画を思い出した。こちらに出てくるのは双子ではなく、黒髪とブロンドの、やはり周りから嫌がられることばかりする15才の少女2人で、話の展開は違うけど。

  • 満足度★★★★★

    「崩れる」アマヤドリさんの舞台は数えるほどしか見ていませんが、まさかの崩れ具合でした。地球とか宇宙とかが崩れる、滅ぶ?くらいの話かと思っていたものですから。でもこれはこれで痛面白かったです。

  • 満足度★★★★

    本編ではありませんが,コントバトル観劇。役者さんの個性が現れた作品ばかりで,結構ぶっ飛んでいましたが,とても面白く観ることが出来ました。

  • 満足度★★★★★

    『崩れる』観劇

    ネタバレBOX

    自分に知らされなかったことで人間関係が崩壊する話。と言うか、ストーカー的思考でそう思い込んでる男と、知らされなかったことを利用して信頼関係を壊し、リストラに利用しようとした男の話。そして、「崩れる」とは、人間関係の崩壊だけでなく、大雨で山奥の宿屋が崩れるということでもありました。

    こんな嫌な思いが最後の思い出として記憶しながら死んでいくのはなんて不幸なことだろうと思います。

    全員死んだと思いました。アフタートークで作家の広田さんは、全員が死ぬこと、あるいは誰かが死ぬことまでは考えていなかったとおっしゃり、大変驚きました。ラスト、大きな雨音が流れて終わりました。確かに土石流や裏山が崩れる音ではありませんでしたが、宿屋の主人が、「もうもたない」と言ったことで、こういったことが起こり、宿屋が流され全員死ぬんだと思いました。
  • 満足度★★★★★

    【青いポスト】鑑賞
    目新しさはあまり感じられなかったが、瞬発力の有る掛合いにおけるキレキレのターンの件が最高に楽しい。
    色々としっかりアマヤドリだった傑作です。これは、あともう一回は観ておきたい。

  • 満足度★★★

    物語上に落とされた一つのシステムによって作り上げられた世界観、舞台上で交差する役者の台詞と動き、正に小劇場作品の王道というスタイル
    自分も他人も傷つける言葉でコミュニケーションをとる登場人物たちが無力な自らの正しさを語る。人物の軸がちょっと浮いた物語

  • 満足度★★★★

    鑑賞日2017/11/16 (木)

    16日の晩、今度は女性キャスト・オンリーの『青いポスト』(110分)を拝見。

    ネタバレBOX

    『崩れる』とは対照的に、今度は群舞あり・ソロパートありの、スタンダードな「踊るアマヤドリ」。
    2組の姉妹を軸とした、住民たちの群像…いや、感情の交錯劇は、(まだ公演中なので内容は伏せますが)何気に尾を引く結末が感慨深い作品でした。

    双子の姉妹ユリナ・カンナは、いわゆる、賢◯愚◯ではなく、複雑な家庭環境の下で育ったせいか、2人とも、狡猾で自己本位。この「2人とも…」だからこそ、ラストで、相葉りこさん演ずる姉ユリナが躍るソロパート、ひと際、胸に応えました。

    理性的には「無謬(むびゅう)なヒト」故に、かえって妹エリカの反発を招き、カンナを無謀な行動に走らせたミズキ…演ずる小角まやさんの面差しには、「慈愛の(無意識な)悪意」を痛く感じさせられました。
    また、ミズキの妹役・古澤美樹さん(てっきり、アマヤドリのヒトだとばかり思いこんでいました、汗!)の熱演も忘れられません。
  • 満足度★★★★

    鑑賞日2017/11/14 (火)

    出演者が全員男性の『崩れる』(110分)を14日ソワレにて。

    ネタバレBOX

    アマヤドリさんにしては珍しい「踊らない」作品。
    序盤からクスクス笑いを取っておきながら、人間不信と、それに抗おうとする善意との、せめぎ合いの終盤が圧巻の会話劇は、随分と見応えがありました。
    ただ、松田正隆さんの古典的名作戯曲『蝶のやうな私の郷愁』的な結末で、全てを『崩』すしかなかったのかなぁ?と。

    劇中、険悪な空気が漂う夕食のシーン…にも拘らず、箸を止めずに飯を喰らい続ける、同窓5人組の一人・江田。客演の 『哀しい夢すら、忘れてしまう』に引き続き、演ずる倉田大輔さんの惚けた・醒めた味わいが強烈に印象に残りました。
  • 満足度★★★★

    鑑賞日2017/11/16 (木)

    舞台の使い方や躍り、台詞の掛け合いも絶妙で楽しんめました。
    やはり広田さんがポストトークで最後に回答してた台本の部分は「そうだったの」感が勿体なく、それを理解できた上でそれ以降を観たかったなと思いました。

    ただ一晩明けたら観てる時の面白さが薄まっていて、何故だろうとさっきまで自問してました。
    好みの問題かもしれないけれど、人物が基本、善人で、嫌らしさや汚ならしさが世界観にないからかなと思います。
    振り幅が狭くリアリティを(敢えて?)失わせてる感じが、浮き世にコウデイする身としては、刺さりきらなかったのかなと思います。

    良いところが多いだけに、本質的な部分に欲が出てしまうのでしょうね。

この公演に関するtwitter

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. そんなん、ストだったら崩れる泣くどうしていいのかわかんない

    約2ヶ月前

  2. 朱桜司のショートケーキの食べ方🍰 スマートに綺麗に食べたいけどフォーク入れた瞬間ケーキが崩れるか横に倒れて悲しいケーキおいしい

    約2ヶ月前

  3. 【ゲーム】 いやぁ、負けたわ。 この後らくだ乗せられてほんと悔しかったけど崩れるのみて笑うから全然ストレスにならない、凄ーい https://t.co/WGOdZM7z3x

    Dqxuyhoueaa6pa5

    約2ヶ月前

  4. 頑張って治しても夜勤で崩れる

    約2ヶ月前

  5. 帰りが遅い事に、奥さん口には出さないがストレスあるらしい。米と洗濯機はやるよと言うが、雪崩れるように娘と寝床へ。しょうがないが、最低限の会話はしようとしてる。ま、多分喧嘩して言いたいこと言った方がスッキリするんだけどね^^。これから多分そうなる。

    約2ヶ月前

  6. @PAkr__________ いいやんたぶんビル崩れるけど

    約2ヶ月前

  7. メリッサアルドーリカ 僕/あなた 160cm/45kg 製作者の妹をモデルにしたドールで、自分のことを少女だと言い張る。 並みのドールより戦闘力が高いことが自慢、口癖は「僕は強いからね」。皆は僕の庇護下にあると思ってる。但し着地に失敗して崩れるなど衝撃に脆いのが難点。

    約2ヶ月前

  8. アビー、明日の500日ボーナス出来なかったらもう膝から崩れるしかない

    約2ヶ月前

  9. これ主役の重責ものすごいよね。一瞬でも主役が隙を見せたら崩れる世界。その中をいきいきと、熱く、でも冷静に役を生きて、最後まで一瞬の緩みも許さずに全体をがんがん引っ張っていく浦井くんが本当に頼もしかったし、目が離せなかった。私史上最高の浦井健治。

    約2ヶ月前

  10. @Tycjin16823 @kani_167 その値段も崩れると考えれば顔がほころび祭り

    約2ヶ月前

  11. 母上が短気すぎて いらいらしている時が乱暴すぎて いつもふらふらしていて すぐに事故るし 母が急にいなくなったりしたら 全てが崩れる

    約2ヶ月前

  12. @mmscifochan む、無理…だ………っ…!ガクッ(膝から崩れる)

    約2ヶ月前

  13. 【エストロゲンを増やすコツ】女性ホルモンの一種で、女性器に関わる大切な成分です。一生に分泌される量は、わずかスプーン一杯程度。ストレスや環境の変化などでホルモンバランスが崩れると、身体や精神に影響を及ぼします。効率よく補うには大豆イソフラボンがおススメ!サプリメントもいいですよ!

    約2ヶ月前

  14. @H__xx__S_ はァ 、しゃ ~ ないな ( わしゃ〃と髪型が崩れるくらい撫回)

    約2ヶ月前

  15. 過去は変えられないけれど、未来は変えられるらしい。腐った地盤には何を建てても崩れるだけだと思うのは心が腐っているから?

    約2ヶ月前

  16. 天下が平和になるほど、武道を怠ってはいけない。軍法も悪く用いれば、手荒くなって人を害し、人をだまして陥れることにもなる。自分が偉ぶり、人の諫めを聞かなければ、ついには家の崩れる発端となる。--徳川家康--

    約2ヶ月前

  17. @BeruGon471 慣れ大事(。・ω・。) 寒いと調子が崩れる人です(;_;)

    約2ヶ月前

  18. 竜馬ー了ー真上のラインはずっとそうで 精神的に依存してる方が相手の生殺与奪を握ってるのが肝であってここが崩れると釣り合いが取れないよ

    約2ヶ月前

  19. ここで誘惑に負けたら全てが崩れる。 ぜってぇ、負けねぇ

    約2ヶ月前

  20. 僕はプレッシャーを受けても安全なパスではなくて、逆に突破口を開くようなパスを狙っている。そうすると、相手の守備が崩れる。相手が前に守備に来ているから、そのパスが通れば、一気にチャンスになる。 内田篤人 名言・発言

    約2ヶ月前

  21. 明日から1週間お酒と外食辞める決めたマジで決めた仕事帰り寄り道しないし22時には寝るし節約するし料理作るしぽろちゃんとゆっくり遊ぶし肌ツヤを整えるの決めた。多分決心崩れると思うので鼻で笑って下さい。

    約2ヶ月前

  22. @an_cccco ええええええあんさん美人じゃないなら世の中の顔面偏差値均衡が崩れるので謙遜やめて下さいお願いします美人さん_:(´ཀ`」 ∠):

    約2ヶ月前

  23. 自転車崩れるやつが異常に多い。どんな道通って通学してんだよwwwwwwwwwwwwwwwwwww #佐土原高校あるある

    約2ヶ月前

  24. @y0k41tm ドンだーは交互の筋肉記憶がひどいのでコンフレなどが崩れる 安定しないので🙅‍♀️🙅‍♂️🤷‍♀️🤷‍♂️🧠🧠🧠🖕🖕🖕🖕🖕👋🤚🖐✋🙌😱😭😨😰😥😓😡🤬🤯🤪😜🤪😜🤪

    約2ヶ月前

  25. @Dokkaku これはかなり!!!気に入ってる!!!ありがとうありがとう いやいやええんやで 横向きとか斜めとか滅多に描かないからよく崩れるしな(吐血)

    約2ヶ月前

  26. 株クラ民いろいろ荒れててわろたw もうツイッターなんて見ずに細々とブログでもやりながら株トレードしよかな 煽りなくても十分勝ててるしw あ、でも煽り屋が煽ってる銘柄は適度に上がったら逃げないと株価崩れるからツイッターやめらんないw 偶然煽り屋と保有銘柄かぶるときあるし

    約2ヶ月前

  27. ヨボヨボの腰の曲がったおじいさんが電車に乗って辛そうに立っていて、近くで座っている人達のリアクションを眺めてみてたけど、皆んなスマホに夢中で気づかない。 席にカバンを置いて声を掛けに行ったら崩れるように席に座らはった。無関心に満ちた世の中で長生きするのは辛いだろうなと思った。

    約2ヶ月前

  28. 春麗のイメージ崩れるからヤメテ

    約2ヶ月前

  29. 人は姿勢が崩れると感情的になる。背筋を伸ばし、体を左右対称に保てば魂のお行儀も良くなり、冷静でいられます。

    約2ヶ月前

  30. 何でわざわざ揉め事を起こすのか……。また中東のバランスが崩れるし。 https://t.co/b664mPYZka

    約2ヶ月前

  31. 体力なくなり気味。生活リズム崩れるとなかなか戻らないオジィ。

    約2ヶ月前

  32. @love12012love メイクはよれて崩れるしマスクしてなかったら大惨事でした...😅😅

    約2ヶ月前

  33. 水曜カンファ終わりに通るの知って待ってて話しかけたいけど一回切られたら今まで築いてきた関係が一気に崩れるから「金曜参りますので宜しくお願いします」で我慢…にっこり笑って手を振ってくれた

    約2ヶ月前

  34. 寒い日にあったかいお茶のペットボトルを、無意識にぺこぺこしながら歩く。ああ、これは心臓だな、血が通っていて脈打っていてとおもう。考え事をしていて、ついリズムが崩れる。だめだ、心臓なんだからちゃんと優しく鳴らさないととはっとする。

    約2ヶ月前

  35. @mioniku 萌牙(デッドウォール) 操作系 目に見えている範囲の無機物をトゲの生えた壁に変化させる事が出来る 変化させた壁は約5分の間操作可能だが、それぞれの壁は両手の指が対応しており、最大10個の壁しか作れない 指が破壊されると対応する壁も崩れる

    約2ヶ月前

  36. 多神信仰宗教ちゃんぽん擬人化何でもありかつ荒神という概念のある日本だと唯一の神という価値観が崩れるということはまあ無いからな……サブカルどっぷり人間ならば尚更

    約2ヶ月前

  37. @ZRER1996 いずれ死ぬ?精神から崩れる? 辛くなったら友達と話して辛い事を忘れろ 俺と違ってお前には沢山友がいる 崩れないように支えてくれる友達が いっぱいいるんだから だから自害なんてしないでほしい

    約2ヶ月前

  38. 元々ロック好きで坂本龍馬が幕末でRockするとか何それ楽しそうwと思い後で見ようと悠長に思っていた。ある日ふとそれを思い出してアニメ見たらストーリーのぶっ飛び具合と楽曲の格好良さに魅了され、タイミングよく超歌劇再演開演直前で後は雪崩れるようにここまできた #幕末Rockとの出会い

    約2ヶ月前

  39. 小十郎SS お題『雪』 何気ない日常って…いつ崩れるかわかんないんだよなあってお話(:3_ヽ)_ 個人的にちょっとしんどくて…ううっ…🤦🏻‍♀️ 白い雪を見て思い浮かぶのは https://t.co/sbKaQqY8Rt #戦ブラ版深夜のお絵描き60分

    約2ヶ月前

  40. 【合体技】「旋律流星群(カノングリッサンド)」あるわさ合体技。わさびの音圧をこめた鍵盤を雪崩れるように弾くことでの、旋律破の88連攻撃。かっこいい、かっこいいが、わさびの役目は前準備でありキメるのはあるあさんなのでわさびさんは不服。

    約2ヶ月前

  41. @gyk1122 生涯をかけて根こそぎ持って行きたい所存( ˘ω˘ ) 女に生まれて、良かった!(誰かさん風) あぶらギッシュすぎるのも考えものでな…何せ化粧があっという間に崩れるし、何ならクレンジングオイルより化粧落ちてるんじゃね?くらいの迷惑奴ぞ…

    約2ヶ月前

  42. 実習の日は髪が崩れるので、髪のセットがない。 #陸の孤島高校男子あるある

    約2ヶ月前

  43. 窓辺で溶けて崩れる赤い金魚を指に掬えば甘い糸を引く。姉ちゃんと一緒に江戸へ行くか。その問いに弟は否と返事をした。付いてくるだろうと思っていた。付いてきてほしかった。 【花宵道中】

    約2ヶ月前

  44. かつて、声が付いてないRPGで、声をつけるなら誰がいい? という議題で盛り上がったことがあったが、途中から声ついたらイメージ崩れる、安易に声優だすのは・・・と荒れ気味になったんだよな。 結局、後日、声優がついたのですけどね。

    約2ヶ月前

  45. 温泉の庭スキンあまりに広々と温泉君臨してて笑う紙人形くんが改修工事を行ったのだろうか😂庭院の定義が崩れる

    約2ヶ月前

  46. @as_kwsk 大好…僕ちんの清楚系のイメージが崩れる…(^P^≡^P^)

    約2ヶ月前

  47. @halu1224 と、心に誓っても想いが溢れて誓いは脆く崩れる…あったな、こんなこと…

    約2ヶ月前

  48. @RuA1528 まぁ今回こそ均衡が崩れる可能性あるけどね((⊂(╹◡╹๑∩)シュッシュッ 流石にヒメちゃんかわいそう笑

    約2ヶ月前

  49. あほ臭さ 利益確定で相場が崩れるなんて聞いたことがない。来年前半に悪材料があるわけでもないのに

    約2ヶ月前

  50. @yamatako189 不定期開催らんどあ芸。わけわからん画像か動画が上がる。しかし新しい衣装にほんの一瞬だけ目がキラキラになった瑶とか色々な都合と圧力が重なりスカートを履くことになり履いたあとそのまま立ち崩れる千暁の一連の動作の動画だとかが見れるなどレア度は高い。

    約2ヶ月前

このページのQRコードです。

拡大