演劇

絶対安全ピン初の再演

フォークロア ~ 月光の植民地 ~

絶対安全ピン

早稲田大学学生会館(東京都)

2008/09/27 (土) ~ 2008/09/28 (日) 公演終了

上演時間:

貧しい画家の窓辺に、夜毎、月が訪れる。
月は世界中の夜の話を語ってくれる。

ある時月は墜落しつつある自衛隊機の話を語る。
狭いコクピットの中での二人の隊員の戦いのドラマ。

またある時は、月の話し相手である太陽が、ある南の島の話を語る。
そこでは太陽に溶けない不思議な「雪」が降...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/09/27 (土) ~ 2008/09/28 (日)
劇場 早稲田大学学生会館
出演 黒田圭、船串奈津子、石崎竜史、中村軌久、杉香苗
脚本 黒田圭
演出 黒田圭
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 1,500円
【発売日】
前売り、当日ともに1,500円
サイト

http://anpin.aplxx.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 貧しい画家の窓辺に、夜毎、月が訪れる。
月は世界中の夜の話を語ってくれる。

ある時月は墜落しつつある自衛隊機の話を語る。
狭いコクピットの中での二人の隊員の戦いのドラマ。

またある時は、月の話し相手である太陽が、ある南の島の話を語る。
そこでは太陽に溶けない不思議な「雪」が降るという。

月と太陽の話は互いに侵食し始める・・・

画家のイーゼルとスケッチブックを使い、
何もない舞台に無限のイメージを描いてみせた2004年版。

今回2008年版「フォークロア」は「紙」という材質にこだわり、
いっそうシンプルに削ぎ落とされた舞台で、
より鮮やかなイメージが変幻自在に流れ出します。

「絶対安全ワークショップ・シアトリカ」で実験を重ね、
練り上げられた数々の「シアトリカ」が観客の想像力を刺激するでしょう。

ある時は挑戦的に、またある時はユーモラスに・・・
その他注意事項
スタッフ 照明:申政悦
音響:小林雄介
舞台監督: 日高秀夫
宣伝美術: 石澤恵
制作: 根本進太郎

[情報提供] 2008/07/05 15:39 by カサシマ

[最終更新] 2008/09/14 13:44 by カサシマ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

わたる

わたる(1)

飛び入り手伝い。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大