演劇

第六回公演

―夏の終わりに師について考える一週間―

演劇

第六回公演

落下傘

―夏の終わりに師について考える一週間―

劇団地上3mm

bar drop(東京都)

2008/08/24 (日) ~ 2008/08/31 (日) 公演終了

上演時間:

―夏の終わりに師について考える一週間―
吉祥寺のbarにて、短編小説二本と新作一本。
「霓博士の廃頽」では、呑んだくれ教授と学生の放埓ぶりを、
「駈込み訴え」では、イエスへのユダの裏切りを、
「夕焼け先生についての一考察」では、幻の吉祥寺の鐘の音に誘われて現る夕焼け先生を、
一晩を三...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/08/24 (日) ~ 2008/08/31 (日)
劇場 bar drop
出演 堂下勝気、金崎敬江(bird's-eyeview)、森澤友一朗(劇団サーカス劇場)、藤田祐子、光田友宣、秋元貴秀、八重柏泰士、近藤晃弘
脚本 川口典成
演出 川口典成
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,300円
【発売日】2008/08/09
一般/前売3000 当日3300
学生/前売2500 当日2800
ワンドリンク付き
サイト

http://3mm.upper.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ―夏の終わりに師について考える一週間―
吉祥寺のbarにて、短編小説二本と新作一本。
「霓博士の廃頽」では、呑んだくれ教授と学生の放埓ぶりを、
「駈込み訴え」では、イエスへのユダの裏切りを、
「夕焼け先生についての一考察」では、幻の吉祥寺の鐘の音に誘われて現る夕焼け先生を、
一晩を三本の芝居を連続上演。
その他注意事項 終演後、演出川口典成とゲストによるアフタートーク有。
24日(日)広田淳一(ひょっとこ乱舞)
25日(月)タニノクロウ(庭劇団ペニノ)
26日(火)清末浩平(劇団サーカス劇場)

*受付開始・開場は開演の30分前。休憩中にもご入場頂けます。各回、「霓博士の廃頽」(約40分)→「駈込み訴え」(約20分)→「夕焼け先生についての一考察」(約60分)を予定しております。
スタッフ 舞台監督/宮田公一
WEB/dende(2.0)
制作・宣伝美術/山下知子
制作協力/森澤友一朗
音響/北世順
協力/怪童堂
印刷/紅屋オフセット㈱

[情報提供] 2008/07/05 12:57 by kaeru

[最終更新] 2008/08/31 02:26 by 雲雀亭

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー4

雲雀亭

雲雀亭(0)

ここは、20代ではなかなか他の追随を許さぬまっとうな演...

ob

ob(0)

hiroe

hiroe(20)

役者・俳優 ダンサー 演出 演出助手 振付

役者で参加しています。 日常であまり使わない言葉と ...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大