株式会社ライゾマティクス(Rhizomatiks)

Gallery AaMo(東京都)

2017/04/15 (土) ~ 2017/04/16 (日) 公演終了

上演時間:

「Gallery AaMo」のオープニングを飾るのは、メディアアーティストの真鍋大度と石橋素が率いる「Rhizomatiks Research」と演出振付家のMIKIKOが率いる「ELEVENPLAY」によるコラボレーション・ワーク。
世界的知名度を誇るメディアアーティストと、大胆かつ緻密な...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2017/04/15 (土) ~ 2017/04/16 (日)
劇場 Gallery AaMo
出演 ELEVENPLAY、NON、KOHMEN、SAYASHINOHARA、EMITAMURA、YUTOKUTAKE、MINAKOMARUYAMA、KAORIYASUKAWA、ERISAWAKISAKA
演出 MIKIKO
振付 MIKIKO
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 4,000円
【発売日】
前売券:3,500円
当日券:4,000円
サイト

https://rhizomatiks.com/s/event/dance-installation-at-gallery-aamo/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 4月15日(土)13:00 / 16:30 / 20:00
4月16日(日)13:00 / 16:30 / 20:00
説明 「Gallery AaMo」のオープニングを飾るのは、メディアアーティストの真鍋大度と石橋素が率いる「Rhizomatiks Research」と演出振付家のMIKIKOが率いる「ELEVENPLAY」によるコラボレーション・ワーク。
世界的知名度を誇るメディアアーティストと、大胆かつ緻密な演出力でエンターテインメント表現を更新し続ける演出振付家の協業は、2010年のスタートから、その表現力の高さと独創性において他の追随を許さない最強のタッグとして世界を驚かせてきた。
今回披露されるのは2年ぶりとなる新作公演。
いまここに生まれる、世界初演の“ダンス・インスタレーション”をお見逃しなく。

●新作ダンス・インスタレーションタイトル『phosphere(フォスフィア)』
 phosはギリシャ語の光、sphereは球体や空間・領域で、この二つの言葉を合わせた造語「phosphere」は光の作り出す空間、場所、圏をイメージしています。本作品は、多数のプロジェクターの光を特殊なソフトウェアを用いて複雑な空間を構築し、ダンサーやオブジェクトがその中に入っていく、「ダンス・インスタレーション」という新しいジャンルの作品です。
 ダンサーと光が緻密に連動することによって、立体的な形とその流れの軌跡をご覧いただけます。
「phosphere」の中を流れる、規則と不規則の連続体。ダンサーと光が作り出す作品をお楽しみください。

 多岐にわたるコラボレーションを行うRhizomatiks Research、MIKIKO、藤本隆行、evalaの約2年ぶりの新作公演は、誰もが初めての体験をする世界初演のダンス・インスタレーションとなります。
その他注意事項 ※未就学児入場不可
※当日券は残券がある場合に限り
スタッフ ビジュアルディレクション・テクニカルディレクション:真鍋 大度(Rhizomatiks Research)
テクニカルディレクション・ハードウェアエンジニアリング:石橋 素(Rhizomatiks Research)
照明:藤本 隆行(Kinsei R&D)
ビジュアルプログラミング:堀井 哲史(Rhizomatiks Research)
プロジェクションシステム・ソフトウェアエンジニアリング:花井 裕也(Rhizomatiks Research)
音楽:evala
音響:金森 祥之(Oasis Sound Design Inc.)
空間デザイン:細野 隆仁(Rhizomatiks Architecture)
衣装:Yaepon
舞台監督:原口 佳子
演出部:川上 大二郎・松岡 大・杉田 健介
テクニカルプロダクションマネージャー:上條 慎太郎(Rhizomatiks Research)
クラフト:望月 俊孝・石川 紗季(Rhizomatiks Research)
テクニカルサポート:本間 無量・柳澤 知明・原田 克彦・西本 桃子(Rhizomatiks Research)
アートディレクター:木村 浩康(Rhizomatiks Design)
デザイナー:小島 一郎・藤井 かおり(Rhizomatiks Design)
Webプログラミング:塚本 裕文(Rhizomatiks Design)
プロデューサー:千葉 秀憲(Rhizomatiks)
制作:白岩 よう子・安江 沙希子(ELEVENPLAY)・小椋 大介(スパイラル)
主催:株式会社東京ドーム
企画制作:スパイラル・株式会社ライゾマティクス

[情報提供] 2017/04/17 17:43 by CoRich案内人

[最終更新] 2017/04/17 17:55 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大