演劇

"Slouching Toward Hollywood"

グッドラック、ハリウッド

a play by lee kalcheim

CATプロデュース

紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(東京都)

2007/03/02 (金) ~ 2007/03/18 (日) 公演終了

上演時間:

往年の大監督ボビー(長塚京三)は名匠ゆえの苦悩をかかえていた。全盛期の“傑作”や“賛辞”が輝かしいものであるが故に妥協を許さぬ映画への姿勢が、かえって仕事を減らしていたのだ。
そんな彼を温かく見守る秘書のメアリー(久世星佳)はボビーに皮肉をいわれながらも才能を信じ、彼を支え続けている。
溢...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/03/02 (金) ~ 2007/03/18 (日)
劇場 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
出演 長塚京三、久世星佳、筒井道隆
脚本 リー・カルチェイム
演出 山田和也
料金(1枚あたり) 7,000円 ~ 7,000円
【発売日】
料金:7,000円(全席指定・税込) ※未就学児童入場不可
サイト

http://www.ints.co.jp/goodluck_hollywood/index.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 往年の大監督ボビー(長塚京三)は名匠ゆえの苦悩をかかえていた。全盛期の“傑作”や“賛辞”が輝かしいものであるが故に妥協を許さぬ映画への姿勢が、かえって仕事を減らしていたのだ。
そんな彼を温かく見守る秘書のメアリー(久世星佳)はボビーに皮肉をいわれながらも才能を信じ、彼を支え続けている。
溢れ出るアイデアを実現する機会が見つからずもどかしく思っていたボビーの前に、脚本家として売り出し中のデニス(筒井道隆)が現れる。
映画会社と契約したばかりのデニスの話を聞くうちに、ボビーは・・・
自分の新作を彼の名前で撮る事を思いついた!!
その他注意事項 ※未就学児童入場不可
お問合せ:チケットスペース 03-3234-9999
スタッフ 作:リー・カルチェイム 翻訳:小田島恒志 演出:山田和也 美術:中村公一  音楽:川崎晴美 照明:高見和義 音響:長野朋美 衣裳:黒須はなこ ヘアメイク:スタジオAD 企画製作:シーエイティプロデュース 主催:シーエイティプロデュース

[情報提供] 2007/01/22 23:21 by こりっち管理人

[最終更新] 2007/03/28 12:01 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大