演劇

連続模型の番外公演 Renmo盤vol.1

モテイトウ

連続模型

シアターシャイン(東京都)

2008/07/18 (金) ~ 2008/07/21 (月) 公演終了

上演時間:

 連続模型がおくる、オムニバスストーリー!

 ”連続模型の番外公演 Renmo版vol.1『モテイトウ』”は連続模型の初めての番外公演であると同時に、初めてのオムニバス作品です。宮沢賢治の『やまなし』に出てくる “クラムボン“ を下敷きに四人の作家で四本の物語を上演します。
 誰も見た...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/07/18 (金) ~ 2008/07/21 (月)
劇場 シアターシャイン
出演 鈴木健之他
脚本 木村大智他3名
演出 木村大智他3名
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,000円
【発売日】
前売・当日共に2000円
サイト

http://blog.livedoor.jp/moteitou/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  連続模型がおくる、オムニバスストーリー!

 ”連続模型の番外公演 Renmo版vol.1『モテイトウ』”は連続模型の初めての番外公演であると同時に、初めてのオムニバス作品です。宮沢賢治の『やまなし』に出てくる “クラムボン“ を下敷きに四人の作家で四本の物語を上演します。
 誰も見たことはないけれど、その世界の人々はみんな知っているという物体 ”モテイトウ“ だけが四つの作品に共通して存在していますが、それ以外はまったくバラバラな物語。それらが ”モテイトウ“ によりひとつに纏め上げられた時、皆様の中に新しい存在が生まれたことに気づくはずです。

作家陣は以下の4人。

 ・『穴女括弧仮』 木村大智 (連続模型)
 ・『無題(イメージと文章)』 降矢愼作 (連続模型)
 ・『膨張。~もう一歩前へお進み下さい~』 タクシセイコ (フナレ)
 ・『vice versa』 村田裕子 (LiveUpCapsules)

そして、四人が物語を書く前に打ち合わせたことは以下の四点のみ。

 ①物語の世界にモテイトウが存在しなければいけない
 ②モテイトウは未確認生物である
 ③モテイトウは人間として必要な何かが欠けているらしい
 ④また、モテイトウによりドラマを展開させてはいけない

 これらの共通条件から、果たしてどのような物語が生まれ、そしてひとつの作品としてどうまとまるのか。どうぞご期待ください。

 初の番外!初のオムニバス!初の他団体交流!『連続模型』『フナレ』『LiveUpCapsules』の初めての絡み合い!

 だって、初モノは美味しいんですから。
その他注意事項
スタッフ 総合演出:木村大智
美術協力:松本謙一郎 / 舞台美術研究工房 六尺堂
照明:加藤千里
音響:四方位音子(Renmo Record)
制作:米沢絵美とRenmo企画舎
web:渡辺聡

アートディレクター:河野菜月
プロデューサー:小田知典

[情報提供] 2008/06/21 00:10 by モケヲ

[最終更新] 2010/01/01 14:49 by モケヲ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大