演劇

ヨーロッパ企画2007年春ツアー 〜バック・トゥ・2000シリーズ〜

苦悩のピラミッダー

ヨーロッパ企画

駅前劇場(東京都)

他劇場あり:

2007/05/03 (木) ~ 2007/05/14 (月) 公演終了

休演日:5/7

上演時間:

ヨーロッパ企画の次回公演は2000年に京都でのみ初演された旧作再演3本立て!
-----------------
紀元前2200年、エジプト。
ピラミッドの盛りを少しすぎた、沈滞の時代。
「ほら、微妙に歪んでないですか?右寄りに」
「それは砂丘の関係でそう見えるだけであって」
「い...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/05/03 (木) ~ 2007/05/14 (月)
劇場 駅前劇場
出演 石田剛太、酒井善史、角田貴志、永野宗典、西村直子、松田暢子、中西武教(ジュース)
脚本 上田誠
演出 上田誠
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,300円
【発売日】2007/02/17
前売3,000円/当日3,300円[全席指定]
サイト

http://www.europe-kikaku.com/projects/e22_24/bt2000main.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ヨーロッパ企画の次回公演は2000年に京都でのみ初演された旧作再演3本立て!
-----------------
紀元前2200年、エジプト。
ピラミッドの盛りを少しすぎた、沈滞の時代。
「ほら、微妙に歪んでないですか?右寄りに」
「それは砂丘の関係でそう見えるだけであって」
「いや、砂丘をさっぴいても…」
ビールとパンと苦悩の日々。
ヨーロッパ企画がお送りする、悠久の大河ロマン。
-----------------
憂国の王の提案により、今さらピラミッドを作る破目になった大臣たちの悪戦苦闘を描いた、王朝バックステージコメディ。2000年の5月に、ヨーロッパ企画がはじめて学内サークル「同志社小劇場」をはなれ、手近な京都大学・吉田寮食堂で上演した公演であり、現メンバーの中川晴樹や今回「冬のユリゲラー」出演の岡嶋秀昭さんらが、当時は日替わりゲストとして出演していた。コメディでありながら歴史の豆知識も分かる「古代文明シリーズ」の第1弾として製作され、「ギリシアの風」「中国人は自転車に乗って」などの続編も計画されていたが、いまだ実現には及んでいない。
その他注意事項 未就学児入場不可
スタッフ 【美術】酒井善史 【照明】松谷將弘(ART COMPLEX)  【音響】宮田充規(GEKKEN staff room)  【衣装】舟橋真鳥 (iroNic ediHt DESIGN ORCHESTRA)  【舞台監督】水波流(ART COMPLEX)

[情報提供] 2007/01/22 12:01 by こりっち管理人

[最終更新] 2007/08/05 23:24 by かもなす

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大