演劇

OPEN SITE 2016-2017

2020

デザイン:山田沙奈恵

0 お気に入りチラシにする

演劇

OPEN SITE 2016-2017

2020

西尾佳織ソロ企画

ナンジャーレ(愛知県)

他劇場あり:

2016/12/29 (木) ~ 2016/12/31 (土) 公演終了

上演時間:

 5歳から11歳まで、マレーシアのクアラルンプールに住んでいた。その5年半は、私という人間がこさえられるのにかなり影響したと思う。そういうとても私的なところから、作品をつくってみたいと思った。子供の生きた一日一日という目盛から、国とか歴史とかいうものを見られまいか。

 自分の話をしたいわ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/12/29 (木) ~ 2016/12/31 (土)
劇場 ナンジャーレ
出演 西尾佳織
脚本 西尾佳織
演出 西尾佳織
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】
※チケット代不明のため、暫定的に「0円」としています。
サイト

https://note.mu/kaorinishio/n/nc022a2ba413b

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 「ミソゲキ」は20分の短編×4団体が見られるオムニバス形式のイベントです。「2020」はC組に参加しています。
説明  5歳から11歳まで、マレーシアのクアラルンプールに住んでいた。その5年半は、私という人間がこさえられるのにかなり影響したと思う。そういうとても私的なところから、作品をつくってみたいと思った。子供の生きた一日一日という目盛から、国とか歴史とかいうものを見られまいか。

 自分の話をしたいわけではなく、自分なんてものがどこまで「どうでもいい、どっちでもいい」になれるのか、つまり、作品として現われるものの由来が誰にあろうと、本当だろうと嘘だろうと「どうでもいい、どっちでもいい」となるのが作品(フィクション、物語)をつくるってことなんじゃないかと思っているのだった。「当事者性」という言葉の指す範囲を引き延ばしたり、パタンと裏返したり、ウニャウニャ揺すったりするうちに、「当事者性」という言葉に感じるカクカク切り分けて分断してくる感じや、不適切を恐れて言葉や振る舞いをつい飲み込むに至らされてしまう感じ(いえ、人のせいにするわけじゃないんですが)を無効化してやりてえ、という気もある。

 プライベートな内容を本人が演じるところから始めて、次にそれを俳優に手渡したときに、一体何が保存され、何は変質あるいは脱落し、何が新たに生み出されるのだろうか。という実験です。
その他注意事項
スタッフ 宣伝美術:山田沙奈恵

[情報提供] 2016/11/24 11:09 by にしお

[最終更新] 2017/03/07 09:25 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

にしお

にしお(0)

初めて一人芝居をします。たぶん最初で最後になるんじゃな...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大