夢追ゐ

七ツ寺共同スタジオ(愛知県)

2008/07/04 (金) ~ 2008/07/06 (日) 公演終了

上演時間:

今公演は、名古屋で活動するユニットである夢追ゐが、初めての本公演として企画・製作した、名古屋を拠点に活躍する劇作家、平塚直隆による書き下ろし作品です。

夢追ゐは、2003年結成。杉浦紀行・青井美都を中心に、芝居というジャンルにとらわれず、ダンス・オペラなど幅広い活動をしてきました。200...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/07/04 (金) ~ 2008/07/06 (日)
劇場 七ツ寺共同スタジオ
出演 山田マキオ、古川聖二、青井美都、新美要次、河村梓、山崎優香、山内崇裕、ミワカナ、三浦文敬、フタヲカルリ、林佐智子、谷口真規、田内康介、高瀬英竹、角真里奈、駒瀬容子、川崎愛、猪子知美、伊藤寛隆
脚本 平塚直隆
演出 平塚直隆
料金(1枚あたり) 1,500円 ~
【発売日】
一律 1500円
サイト

http://sky.geocities.jp/yumeoi_usagisan/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 今公演は、名古屋で活動するユニットである夢追ゐが、初めての本公演として企画・製作した、名古屋を拠点に活躍する劇作家、平塚直隆による書き下ろし作品です。

夢追ゐは、2003年結成。杉浦紀行・青井美都を中心に、芝居というジャンルにとらわれず、ダンス・オペラなど幅広い活動をしてきました。2007年に夢追ゐ初の公演として、C.T.T.nagoyaに参加。作・演出をオイスターズの平塚直隆に依頼し、実験的短編作品「ナイトメア・ビフォア・正月」を試演致しました。歌うことでしか会話のできない少女と音痴であるけれども心に響く歌声を持つ青年の物語は、全編出演者による演奏とともに進行し、歌と普通の台詞とで掛け合うという構成で、平塚流オペラとして観客及び主催者の方々から多くの好評をいただきました。

今回は、試演会での上演を元に長編作品としてスケールアップ!

作・演出は、C.T.T.nagoya参加作品同様、平塚直隆。ライトでドライな作風を持ち味とし、日本各地の戯曲賞で多くの佳作を受賞してきた平塚は、今公演でも音大出身で夢追ゐの女優である青井美都の音楽能力を生かした作品を書き下ろしました。
出演者には青井に加え、平塚が現在名古屋で最も信頼する俳優である劇団NANジャガーの山田マキオ、よこしまブロッコリーの古川聖二を迎えました。また、新たな才能の発掘と出会いを目指し、オーディションによる出演者選考を行いました。オーディションによる出演者は14名。さらに前回公演から引き続き客演の新美要次(スマイル・バケーション)、河村梓(オイスターズ)を加えた総勢19名が出演致します。通常劇団の公演ではなかなか実現し得ない、活躍の場の異なる俳優達が揃いました。


日時
7/4(金) 19:30
  5(土) 14:00/19:00
6(日) 14:00        (開場・受付は開演の30分前)

会場
七ツ寺共同スタジオ

入場料金
一律 ¥1,500 (全席自由)

チケット予約方法
①電話予約
090-4217-2814までお電話下さい。
②メール予約
お名前・希望日時・枚数・連絡先をご記入の上、yumeoi_usagisan@yahoo.co.jpまで
ご連絡ください。
③予約フォーム(PC専用)
予約フォーム(http://www.formpro.jp/form.php?fid=32067)より、
必要事項をご記入の上送信下さい。

お問い合わせ先
 090-4217-2814 (青井)
yumeoi_usagisan@yahoo.co.jp


○ あらすじ ○
とある岬に、地下室がある。
そこで暮らすのは、オーナーである男と、一人の娘。
この地下室、どんな商売をしてもお客が入らない。

困り果てたオーナーは、ついに風俗店を開業する。
そんな地下室に、裸同然の男が連れられてきた。
常人には理解できない理由で自殺を志願するその男は、奇跡の○○○を持っていた。

また、風俗店の後には、カラオケボックス。
男2、女5というなんともアンバランスな比率のコンパが開かれていた。
霊能者であるという1人の女の話に、女性陣は夢中。
全く相手にされない男たちは、アニメのエンディング特集。
そんな微妙なコンパの会場にいたのは、霊能者だけではなかった。

コンパに参加していた女の1人。
彼女にはどうしようもなくモテない姉と妹がいた。
どうしようもなくモテたい姉と妹は、奇跡の○○○を持つ男を目の前にして、とんでもない行動に出た。
 
…そして、男の○○○が奇跡を起こす。
 
 
どうにもならない地下室を舞台に繰り広げられる、歌あり、生演奏あり、下ネタ満載の禁断のエンターテイメント!
その他注意事項
スタッフ 【舞台美術】 猫跨酔狂丸
【照明】 今津知也
【音響】 尾関崇之
【宣伝美術】 平塚直隆

[情報提供] 2008/06/18 23:47 by あず

[最終更新] 2008/06/19 00:00 by あず

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大