演劇

地点第14回公演

三人姉妹

地点

大阪市立芸術創造館(大阪府)

他劇場あり:

2008/07/05 (土) ~ 2008/07/13 (日) 公演終了

休演日:7月8日(火)

上演時間:

あらすじ:
オーリガ、マーシャ、イリーナの三人姉妹と長男アンドレイの住むプローゾロフ家が舞台。
人間の美しい夢が俗悪な日常にのまれ、次第に枯れてゆく様子を描きながら、ドラマは激しく交錯する。
哲学、不倫、片思い、決闘と死。
ドラマにまきこまれながら、登場人物の多くが自らの行動の意味を知...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/07/05 (土) ~ 2008/07/13 (日)
劇場 大阪市立芸術創造館
出演 安部聡子、石田大、大庭裕介、岡嶋秀昭、窪田史恵、小林洋平、砂連尾理、谷弘恵、山村麻由美
脚本 原作:アントン・チェーホフ
演出 三浦基
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】2008/04/30
(日時指定・全席自由席・整理番号付)
一般 前売・予約 2,500円/当日 3,000 円
学生 前売・予約 2,000円/当日 2,500 円*要学生証提示
リピーターチケット(2枚つづり)前売・予約 4,500円 *劇団のみ取扱
サイト

http://www.chiten.org/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 あらすじ:
オーリガ、マーシャ、イリーナの三人姉妹と長男アンドレイの住むプローゾロフ家が舞台。
人間の美しい夢が俗悪な日常にのまれ、次第に枯れてゆく様子を描きながら、ドラマは激しく交錯する。
哲学、不倫、片思い、決闘と死。
ドラマにまきこまれながら、登場人物の多くが自らの行動の意味を知らない。
その滑稽さとせつなさを、チェーホフは愛情をもって描いた。
その他注意事項 受付開始:開演60分前
開場:開演15分前
スタッフ 原作:アントン・チェーホフ
翻訳:神西清
演出:三浦基
演出助手:村川拓也
照明:吉本有輝子
映像:山田晋平
美術:杉山至+鴉屋
音響:堂岡俊弘
衣裳:堂本教子
宣伝美術:納谷衣美
舞台監督:大鹿展明
制作:田嶋結菜 

[情報提供] 2008/06/17 13:09 by 田嶋結菜

[最終更新] 2008/12/03 02:05 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

最新のトラックバック

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大