演劇

秋田雨雀・土方与志記念 青年劇場

全労済ホール/スペース・ゼロ(東京都)

2008/07/14 (月) ~ 2008/07/18 (金) 公演終了

上演時間:

現在、中学・高校の演劇鑑賞教室を中心に全国巡演中のこの2作品。両作品あわせての上演回数は今年でなんと300回を越えます。今回、2008年上半期の総決算として、東京での連続公演が実現しました!

現役教師にして今注目の劇作家・畑澤聖悟氏の代表作「修学旅行」 演出には、演劇集団R-vive主宰...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/07/14 (月) ~ 2008/07/18 (金)
劇場 全労済ホール/スペース・ゼロ
出演 亀井幸代、細渕文雄、菅原修子、島野仲代、秋山亜紀子、杉元光弘
脚本 畑澤聖悟(「修学旅行」)・藤井清美(「3150万秒と、少し」)
演出 藤井ごう(「修学旅行」)・藤井清美(「3150万秒と、少し」)
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 8,000円
【発売日】2008/05/15
一般4,500円  一般セット(2本通し)8,000円
ユース2,500円 ユースセット4,000円
※当日各500円増
サイト

http://www.seinengekijo.co.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 現在、中学・高校の演劇鑑賞教室を中心に全国巡演中のこの2作品。両作品あわせての上演回数は今年でなんと300回を越えます。今回、2008年上半期の総決算として、東京での連続公演が実現しました!

現役教師にして今注目の劇作家・畑澤聖悟氏の代表作「修学旅行」 演出には、演劇集団R-vive主宰・藤井ごう氏をむかえ、大爆笑のうちに世界の戦争の姿を浮かび上がらせます。

映画”New Year’s Day ~約束の日~”をもとに青年座の藤井清美氏が書き下ろした「3150万秒と、少し」 クラスメイトの死という大きな喪失を抱えて生きる二人の女子高生の1年間を、スピーディ&スタイリッシュに描きます。

北は北海道から南は沖縄まで、全国の中・高校生を笑わせ、泣かせ、考えさせてきたこの2作品の東京再演です! お得なセット料金・ユースセット料金をぜひご利用ください。
その他注意事項 7/15ヨルの部、7/18ヒルの部終演後アフタートークあり。
公演サポーター募集中。くわしくは劇団サイトまで。
スタッフ 「修学旅行」
【美術】 乗峯雅寛
【照明】川﨑浩
【音響効果】近藤達史
【衣裳】宮岡増枝
【演出助手】板倉哲
【舞台監督】青木幹友
【製作】大屋寿朗

「3150万秒と、少し」
【美術】升平香織
【照明】小川幾雄
【音響効果】石井隆
【舞台監督】白石康之
【製作】細渕文雄・川田結子
【制作統括】福島明夫

[情報提供] 2008/06/16 11:16 by 青年劇場

[最終更新] 2008/06/18 22:23 by 青年劇場

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大