舞踊・バレエ

日本・ベルギー友好150周年関連事業

ピーピング・トム『ファーザー』

2 お気に入りチラシにする

舞踊・バレエ

日本・ベルギー友好150周年関連事業

ピーピング・トム『ファーザー』

世田谷パブリックシアター

まつもと市民芸術館 実験劇場(長野県)

他劇場あり:

2017/03/05 (日) ~ 2017/03/05 (日) 公演終了

上演時間:

ベルギー発、最高にスキャンダラスなダンスカンパニー「ピーピング・トム」3年ぶりの来日公演!
街の片隅にたたずむ老人ホームを舞台に、幻惑的な世界が立ち上がる

類まれなる身体能力と、独創的なスタイルで数々の衝撃作を生み出し、次代のピナ・バウシュとも称されるダンスカンパニー「ピーピング・トム...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2017/03/05 (日) ~ 2017/03/05 (日)
劇場 まつもと市民芸術館 実験劇場
出演 フンモク・チョン、シモン・ヴェルスネル、マリア・カラリナ・ヴィエイラ、他
演出 フランク・シャルティエ
振付
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 4,000円
【発売日】2016/12/10
<全席指定>
一般:4,000円
U25:2,000円
※U25(25歳以下)は当日年齢証明書をご提示下さい。
サイト

http://www.mpac.jp/event/dance/18685.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3月05日(日)14:00
説明 ベルギー発、最高にスキャンダラスなダンスカンパニー「ピーピング・トム」3年ぶりの来日公演!
街の片隅にたたずむ老人ホームを舞台に、幻惑的な世界が立ち上がる

類まれなる身体能力と、独創的なスタイルで数々の衝撃作を生み出し、次代のピナ・バウシュとも称されるダンスカンパニー「ピーピング・トム」。
世田谷パブリックシアターでは、『Le Sous Sol/土の下』(2009年)、『ヴァンデンブランデン通り32番地』(2010年)、『A Louer/フォー・レント』(2014年)と彼らの作品を継続的に招聘してまいりました。
この度、3年ぶりとなる来日公演では、街の片隅にひっそりと建つ老人ホームを舞台に、彼らにしか創りだすことのできない、虚実入り混じった幻惑的な世界が繰り広げられます。
また、世界中で上演を行う彼らの舞台に欠かせないのが、各劇場ごとに募る“現地キャスト”の存在です。
今回も、エキストラとして60~70代の“シニアキャスト”を募集し、カンパニーとともに世田谷パブリックシアターだけのプロダクションを立ち上げます。
是非劇場でそのスリリングな感動を体感してください。

イントロダクション
街の片隅にひっそりと建つ老人ホーム。あの世とこの世をつなぐ冥府のようなこの場所で、いにしえの記憶の中に遊ぶ老人らは暮らし、どことなく素性の知れぬ流れ者たちが働いている。
ある週末、シモンは父親のレオを預けにホームを訪れる。施設の淡々とした日常が、レオたち老人の失われた思い出の数々が、いつしかこの建物全体を、奇妙な空気となって包み込み、支配していく。
人々の会話の穏やかな調べは、やがて雑音となって喧噪の彼方へと消え去り、あいまいな記憶は鮮やかな幻覚に塗り替えられる。
過去の思い出のフラッシュバックの中で、取り残された時間の歯車が、いま静かに動きだす。
その他注意事項 ※未就学のお子様はご入場いただけません
※開演後は本来のお席にご案内できない場合がございます。ご了承ください
スタッフ 【構成・演出】 フランク・シャルティエ
【ドラマトゥルグ・演出補佐】 ガブリエラ・カリーソ

[情報提供] 2016/12/22 17:42 by CoRich案内人

[最終更新] 2017/02/08 15:37 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大