演劇

studio META PRODUCE vol.8 2017

(FRAGMENT 「F.+2」より

「破片 1.5」

デザイン:大賀匠津

1 お気に入りチラシにする

演劇

studio META PRODUCE vol.8 2017

「破片 1.5」

(FRAGMENT 「F.+2」より

STUDIO META

ウエストエンドスタジオ(東京都)

2017/03/15 (水) ~ 2017/03/20 (月) 公演終了

上演時間: 約1時間30分(休憩なし)を予定

197X年の夏はモーレツ暑かった。
バイト先の作業場は、北の海岸線に沿って走る国道の脇に在って、狭い石段を降りるとそこは路地裏のどんつきだった。
一切の熱の流れがそこに集中して滞った。
僕たちは確かな行き場を失っていた。
何にしても金は必要だと、焦げて蒸発しそうなカラダを持ち堪え、すで...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2017/03/15 (水) ~ 2017/03/20 (月)
劇場 ウエストエンドスタジオ
出演 新井和之、三木秀甫、安達俊信、町成トク(A)、山本せいみ(A)、加藤晃弘(B)、久遠莉子(B)
脚本 長谷川孝治
演出 北見敏之
料金(1枚あたり) 3,800円 ~ 4,000円
【発売日】2017/01/10
前売券 3800円
当日券 4000円
サイト

http://studio-meta.wixsite.com/home/2017-1-5

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2017年3月
15(水)19:30(A)
16(木)19:30(B)
17(金)19:30(A)
18(土)15:00(B)
19(日)15:00(A)
20(月・祝)15:00(B)
受付開始は開演1時間前、開場は開演の30分前
説明 197X年の夏はモーレツ暑かった。
バイト先の作業場は、北の海岸線に沿って走る国道の脇に在って、狭い石段を降りるとそこは路地裏のどんつきだった。
一切の熱の流れがそこに集中して滞った。
僕たちは確かな行き場を失っていた。
何にしても金は必要だと、焦げて蒸発しそうなカラダを持ち堪え、すでに動かなくなったバイクの解体、洗浄、仕分けを繰り返した.暇だった。
世の中は、何事もなかったかのようにいづれ迎えるバブルの波に向かってなし崩しに走り出して行く。
その他注意事項
スタッフ 【演出助手】 櫻井正一 三宅美奈子
【舞台監督】 青木秀夫
【照  明】 釣沢一衣
【音  響】 乃久地知己
【選  曲】 三瀬俊吾
【舞台美術】 安達俊信
【小道具】  藤浪小道具株式会社
【スチール】 大島央照
【宣伝美術】 大賀匠津
【ボクシング指導】 篠原さとし
【スタイリスト】  森美幸

【協力】
野村哲朗
浅海敬
久保弘明
エージェントオフィスタクト
現代制作舎
ふぉーすてーじ
エイジアプロモーション
海森
殿山
(有)ユニオンステージカンパニー
山本泰彦
DJ永井隼紀

【Special thanks】
唐組
Meta Maniera

[情報提供] 2017/02/03 15:50 by Tadachi

[最終更新] 2017/02/03 15:50 by Tadachi

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大