演劇

女方:篠井英介×演出:鈴木勝秀シリーズ第2弾 アトリエ・ダンカンプロデュース公演

演劇

女方:篠井英介×演出:鈴木勝秀シリーズ第2弾 アトリエ・ダンカンプロデュース公演

サド侯爵夫人

アトリエ・ダンカン

水戸芸術館ACM劇場(茨城県)

他劇場あり:

2008/11/23 (日) ~ 2008/11/23 (日) 公演終了

上演時間:

舞台はフランス革命直前のパリ。
スキャンダラスな事件を引き起こし、追われる身となったサド侯爵。
夫・サドを守ろうとするサド侯爵夫人・ルネと、
家名と娘の名誉を守るために画策する母・モントルイユ夫人。

そしてふたり取り巻く個性的な登場人物たちは、
それぞれ違う立場からこの歴史的事件...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/11/23 (日) ~ 2008/11/23 (日)
劇場 水戸芸術館ACM劇場
出演 篠井英介、加納幸和、石井正則、小林高鹿、山本芳樹(StudioLife)、天宮良
脚本 三島由紀夫
演出 鈴木勝秀
料金(1枚あたり) 5,500円 ~ 5,500円
【発売日】
A席5,500円(税込・全席指定)
サイト

http://www.duncan.co.jp/web/stage/sade/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 舞台はフランス革命直前のパリ。
スキャンダラスな事件を引き起こし、追われる身となったサド侯爵。
夫・サドを守ろうとするサド侯爵夫人・ルネと、
家名と娘の名誉を守るために画策する母・モントルイユ夫人。

そしてふたり取り巻く個性的な登場人物たちは、
それぞれ違う立場からこの歴史的事件に焦点をあててゆく。
―天真爛漫な妹のアンヌ、
 良心と悪徳の象徴たるシミアーヌ男爵夫人とサン・フォン伯爵夫人、
 民衆の代表・家政婦シャルロット―

果たして真実はどちらの側にあったのか。

実際に起きた事件を元に描かれる、歴史サスペンス。
その他注意事項
スタッフ 作:三島由紀夫
演出:鈴木勝秀
美術:二村周作
照明:原田 保
音響:井上正弘
衣裳:原 まさみ
ヘアメイク:宮内宏明
演出助手:長町多寿子
舞台監督:小林清隆
 
宣伝美術:永瀬祐一
宣伝写真:西村 淳
宣伝スタイリスト:矢野恵美子
宣伝ヘアメイク:宮内宏明

宣伝:吉田プロモーション

企画:篠井英介・鈴木勝秀

テレビ朝日:中村雪浩・吉原智美

制作デスク:荒田智子
制作助手:宮﨑 由
制作:鈴木奈緒子・神戸丈志
プロデューサー:池田道彦
主催:テレビ朝日
運営:東京音協
主催・製作:アトリエ・ダンカン / シーエイティプロデュース

[情報提供] 2008/06/14 22:15 by 華崎

[最終更新] 2009/01/07 22:25 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大