演劇

シアターΧ新春のカバレット2017

四方田犬彦の翻訳・朗読

演劇

シアターΧ新春のカバレット2017

わたしの犬の眼で

四方田犬彦の翻訳・朗読

シアターX(カイ)

シアターX(カイ)(東京都)

2017/02/20 (月) ~ 2017/02/20 (月) 公演終了

上演時間:

本邦初訳 ブラジルの作家 イルダ・イルスト『わたしの犬の眼で』
ラテンアメリカの地に出現した前衝文学の狂い咲き

主人公、アモス・ケレスは48歳の数学者である。 彼は精神に疲労を感じ大学の学部長からそれとなく休養をとるように勧められる。 歯痛はますます酷くなり、結婚と家庭をめぐって失望と...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2017/02/20 (月) ~ 2017/02/20 (月)
劇場 シアターX(カイ)
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,000円
【発売日】
<全席自由>
1,000円
サイト

http://www.theaterx.jp/17/170220-170220p.php

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月20日(月)20:00
説明 本邦初訳 ブラジルの作家 イルダ・イルスト『わたしの犬の眼で』
ラテンアメリカの地に出現した前衝文学の狂い咲き

主人公、アモス・ケレスは48歳の数学者である。 彼は精神に疲労を感じ大学の学部長からそれとなく休養をとるように勧められる。 歯痛はますます酷くなり、結婚と家庭をめぐって失望と後悔は尽きない。 あるとき彼は丘の上で、宇宙のすべての謎を解明してくれる啓示を体験する。 彼はメス豚を愛し同棲している友人のことを思い、学生時代に通い詰めた売春宿と馴染の娼婦のことを思い出す。 そのあげくに、彼は妻と幼い息子を置いて家を出ることを決意する。 彼は老いたる母親のもとを訪れ、さまざまな追憶に耽る。だがこの中編は、カフカの『審判』上に不条理で、黒い諧謔に満ちた終わり方をする―
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2017/02/02 15:04 by CoRich案内人

[最終更新] 2017/02/02 15:04 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大