オペラ 大学生公演

Camerata Project主催

全幕原語上演・字幕付き

G.プッチーニ「ラ・ボエーム」

デザイン:森田あずさ

1 お気に入りチラシにする

オペラ 大学生公演

Camerata Project主催

G.プッチーニ「ラ・ボエーム」

全幕原語上演・字幕付き

空間創造Oto Camerata Project

彩の国さいたま芸術劇場 大ホール(埼玉県)

2017/03/23 (木) ~ 2017/03/23 (木) 公演終了

上演時間: 約2時間30分(休憩含む)を予定

生きていることの実感を、情熱的にしかも完璧に表現しているものとの初めての出会いであった。そこには、光り輝くもの、飛翔するもの、そして死への憧れがあった。私はとある街道の一角で、第1幕で歌われるロドルフォの偉大なアリアを聞いたのだった。 
-ハインリヒ・マン『一時代を閲する』より

19世...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2017/03/23 (木) ~ 2017/03/23 (木)
劇場 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
出演 ミミ:末次琴音、ムゼッタ:杉田彩織、ロドルフォ:新城匠、マルチェロ:小林大祐、ショナール:井上大聞、コッリーネ:後藤駿也、パルピニョール:古屋倫之、ベノア/アルチンドロ:下牧寛典、コンサートミストレス:齋藤澪緒、カメラータ・プロジェクト管弦楽団、カメラータ・プロジェクト合唱団、指揮:澤村杏太朗
作曲 G.プッチーニ
演出 角直之
料金(1枚あたり) 1,800円 ~ 1,800円
【発売日】2016/11/01
サイト

https://www.facebook.com/camerataproject/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 18時30分開場
19時開演
説明 生きていることの実感を、情熱的にしかも完璧に表現しているものとの初めての出会いであった。そこには、光り輝くもの、飛翔するもの、そして死への憧れがあった。私はとある街道の一角で、第1幕で歌われるロドルフォの偉大なアリアを聞いたのだった。 
-ハインリヒ・マン『一時代を閲する』より

19世紀のパリを舞台に紡がれる、若き芸術家たちの友情、恋、夢、そして現実。詩人ロドルフォとお針子ミミの儚い純愛を中心に、屋根裏部屋で貧しくも自由な生活を送る「ボヘミアン」たちの姿を描いたこのオペラは、観る者の共感と涙を誘い、初演から100年以上たった今でも世界中で上演されています。ジャコーザとイッリカによる巧みな台詞まわし、プッチーニの才が遺憾なく発揮された情感あふれる音楽、誰もが魅了されずにはいられないイタリアオペラの傑作です。

東京藝術大学4年生を中心とした本格的なオペラをお楽しみください。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2017/01/26 17:33 by zenzai3663

[最終更新] 2017/02/13 17:14 by zenzai3663

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大