七里圭

Vacant(東京都)

2017/02/17 (金) ~ 2017/02/18 (土) 公演終了

上演時間: 約1時間20分(休憩なし)を予定

身体表現、
アクースモニウム上映、
ボイスパフォーマーによるライブ上映。
映画表現を新たな境地に拡張する、怒濤の3日間。

「音から作る映画」は、ライブ・パフォーマンスと映画制作を往還しながら作品を発表する、プロジェクト。
映画制作の通常のプロセスを逆転して、音(サウンドトラック)...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2017/02/17 (金) ~ 2017/02/18 (土)
劇場 Vacant
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,000円
【発売日】
前売:¥2,500 + 1drink
当日:¥3,000 + 1drink
サイト

https://www.tpam.or.jp/2017/?program=kei_shichiri

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月17日(金)19:30『サロメの娘/パフォーマンス』
2月18日(土)19:30『サロメの娘/アクースモニウム』
2月19日(日)18:00『Music as film』
説明 身体表現、
アクースモニウム上映、
ボイスパフォーマーによるライブ上映。
映画表現を新たな境地に拡張する、怒濤の3日間。

「音から作る映画」は、ライブ・パフォーマンスと映画制作を往還しながら作品を発表する、プロジェクト。
映画制作の通常のプロセスを逆転して、音(サウンドトラック)から映像へ制作することで、
映画に組み込まれた他ジャンルの要素をアンパッキング、多彩な表現者とコラボレートしながら、
映画という表現形式を拡張する試みに挑んでいる。
今回は、その新作を含む3作品を、日替わりで一挙に上演。

「サロメの娘/パフォーマンス」
マルチプロジェクションとパフォーマンスによるライブ上演。
多層スクリーンへの映写と身体表現の合体による、斬新な上映=上演空間の創出。
「音から作る映画」シリーズ最新作。世界初演。

「サロメの娘/アクースモニウム」
その娘は、母について話しつづける。
姿を見せず幻聴のように、そば立つ声、さざめく響き。
20台以上のスピーカーを駆使した立体音響システム=「アクースモニウム」の演奏で
増幅、拡張されるサウンドの饗宴。
2015年東京・両国、フランスFUTURA、2016年京都で上演された作品の
改訂ロングヴァージョンの世界初演。

「Music as film」
2014年に上演された「音から作る映画」シリーズ第一作『映画としての音楽』を大幅に改訂、
英語ネイティブのパフォーマーを加えたインターナショナル版の世界初演。
19世紀末にパリで生まれた映画と上演されなかった戯曲「サロメ」の奇妙な連関を
字幕とボイスパフォーミングで語り起こす。
その他注意事項
スタッフ サロメの娘/パフォーマンス
出演:長宗我部陽子・黒田育世
振付:黒田育世
台本:新柵未成
リミックス:宇波拓
音楽・アクースモニウム演奏(音響):檜垣智也
構成・演出:七里圭

サロメの娘/アクースモニウム
音楽・アクースモニウム演奏:檜垣智也
構成・演出:七里圭
台本:新柵未成
演奏協力:多井智紀(Viola da gamba) 寒川晶子(ド音ピアノ) 牛山泰良(笙)
声の出演:青柳いづみ sei 山崎阿弥 さとうじゅんこ 太田真紀 原マスミ 飴屋法水 徳久ウィリアム 山形育弘 古賀彰吾 今藤哲平 長宗我部陽子 中村ゆい 大山晴子 滝沢朋恵

「Music as film」
出演:さとうじゅんこ/Cal Lyall/James Hadfield/Miya/徳久幸太郎ウィリアム/sei/
山形育弘/今藤哲平
音楽:池田拓実
アクースモニウム演奏(音響):檜垣智也
構成・演出:七里圭
録音出演:山崎阿弥 古賀彰吾 中村ゆい 大山晴子 滝沢朋恵 長宗我部陽子 飴屋法水 多井智紀(Viola da gamba 演奏)

[情報提供] 2017/01/19 16:24 by CoRich案内人

[最終更新] 2017/01/19 16:24 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大