公益財団法人日本舞台芸術振興会

東京文化会館 大ホール(東京都)

2017/03/02 (木) ~ 2017/03/05 (日) 公演終了

上演時間:

初演はパリ・オペラ座。
ロマンティック・バレエ発祥の地の、香り高いバレエ!

深い森に囲まれたスコットランドの村で、青年ジェイムズの前に現れた白い空気の精、ラ・シルフィード。清純で甘美な魅力を放つ妖精と人間の青年との、神秘的な恋。
19世紀、ヨーロッパを席巻したロマン主義の潮流のもと、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2017/03/02 (木) ~ 2017/03/05 (日)
劇場 東京文化会館 大ホール
出演
演出
振付 ピエール・ラコット(フィリッポ・タリオーニ原案による)
料金(1枚あたり) 9,000円 ~ 27,000円
【発売日】2016/10/29
S:27,000円
A:24,000円
B:21,000円
C:17,000円
D:13,000円
E:9,000円
エコノミー券:4,000円
学生券:4,000円
サイト

http://www.nbs.or.jp/stages/2016/parisopera/lasylphide.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3/2(木)18:30
3/3(金)18:30
3/4(土)13:30 / 18:30
3/5(日)15:00
説明 初演はパリ・オペラ座。
ロマンティック・バレエ発祥の地の、香り高いバレエ!

深い森に囲まれたスコットランドの村で、青年ジェイムズの前に現れた白い空気の精、ラ・シルフィード。清純で甘美な魅力を放つ妖精と人間の青年との、神秘的な恋。
19世紀、ヨーロッパを席巻したロマン主義の潮流のもと、パリ・オペラ座で初演された「ラ・シルフィード」は、主演したマリー・タリオーニの魅力とともに語り継がれるロマンティック・バレエの傑作。この伝説的なタリオーニ版を復元し、現代の観客に訴える創意を加えたのが、1972年に発表されたピエール・ラコット版です。
ラコット版「ラ・シルフィード」の舞台初演は19世紀のタリオーニ版と同じパリ・オペラ座で行われ、またもやセンセーションを巻き起こしました。失われた名作が初演の地パリでよみがえった感動。そして白いチュチュに風をはらませながら、小刻みなステップを軽やかにふんで、魅惑的に、ときにはコケティッシュに舞うバレリーナたち。彼女たちに囲まれて、夢心地でステップを踏み続けるジェイムズ…。これぞフランス・バレエの伝統といえる美と技にあふれた舞台は、まさにパリ・オペラ座のお家芸ともいえるものです。この世ならぬものへの憧れをかきたてる、真正ロマンティック・バレエの魅力を、本家本元による上演でどうぞお楽しみください!
その他注意事項
スタッフ フィリッポ・タリオーニ原案による2幕のバレエ

台本:アドルフ・ヌーリ
復元・振付: ピエール・ラコット(フィリッポ・タリオーニ原案による)
音楽:ジャン=マドレーヌ・シュナイツホーファー
装置:マリ=クレール・ミュッソン(ピエール・チチェリ版による)
衣裳:ミッシェル・フレスネ(ウージェーヌ・ラミ版による)

[情報提供] 2017/01/12 16:46 by CoRich案内人

[最終更新] 2017/01/12 16:48 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大