かもねぎショット

ザ・スズナリ(東京都)

2008/07/08 (火) ~ 2008/07/13 (日) 公演終了

上演時間:

一昨年、昨年と上演した短編が好評でした。
「短編の方が才能あるんじゃない?」という声が聞こえてくる始末です。複雑な心境になるので深く考えないことにして…演劇の短編、新作一挙10本の上演です。
長くなるので5本ずつまとめます。
どちらのプログラムをご覧いただけても嬉しいです。両方見ないと内...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/07/08 (火) ~ 2008/07/13 (日)
劇場 ザ・スズナリ
出演 多田慶子、吉村恵美子、村島智之、栗栖千尋(かもねぎショット)、高見亮子(かもねぎショット)、松原佐紀子(ダンサー)、池田素子(ダンサー)、若松智子(ダンサー)、公門美佳(ダンサー)、三枝はな(ダンサー)、井草加代(かもねぎショット)、藤田千穂(かもねぎショット)、とまるながこ(ダンサー)
脚本 高見亮子
演出 高見亮子
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 4,500円
【発売日】2008/06/07
指定席4,000円(当日4,500円) 
ペアシート7,000円( 同ステージ2枚・当日8,000円 )
セットチケット6,000円(「右」+「左」各1枚ずつで1セット・前売りのみ・かもねぎショットのみ取扱い)
学生割引2,500円(当日同額) (かもねぎショットのみ取扱い)
(※大学生・高校生・小中学生、専門学校生、演劇養成所の学生に有効。高校生以上は、当日学生証をご提示ください)
サイト

http://www.jah.ne.jp/~kamonegi/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 一昨年、昨年と上演した短編が好評でした。
「短編の方が才能あるんじゃない?」という声が聞こえてくる始末です。複雑な心境になるので深く考えないことにして…演劇の短編、新作一挙10本の上演です。
長くなるので5本ずつまとめます。
どちらのプログラムをご覧いただけても嬉しいです。両方見ないと内容がわからない、ということは全くありません。

<一線を越える>。辞書にのっていない言い回しです。
その上「一線」は目にも見えません。
それでも私たちは「一線」を越えようとしたり、越えまいとしたり、挙句に「一線」に笑われたりします。ところで、あと10年もしたら「一線」は誰にも見えないことをいいことに、消えてなくなるような気もします。
まだ「一線」があるうちに…これと戯れる人々あるいは戯れられる人々の悲喜劇——涙ぐましい英断・勇断の時を描きます。


今回は、それぞれのプログラムに、
ダンスの短編も加わります。

短編の快楽。

高見亮子 (公演HPより)
その他注意事項
スタッフ 作・演出● 高見亮子
振付・演出● 伊藤多恵
照明● 中川隆一
音響● 藤田赤目
衣裳● タカハシ佳
舞台監督● 森下紀彦
宣伝美術● 西山昭彦
制作● 山﨑亜季(niche mall)  かもねぎショット制作部
主催● かもねぎショット
助成● 芸術文化振興会
協力● シバイエンジン・・・(予約管理システム)

[情報提供] 2008/06/07 08:40 by こりっち管理人

[最終更新] 2008/07/10 01:22 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大