舞踊・バレエ

K-Arts Dance Performance

2016 K-Arts 振付集団東京公演

駐日韓国文化院

座・高円寺1(東京都)

他劇場あり:

2016/12/17 (土) ~ 2016/12/17 (土) 公演終了

上演時間:

年度末を迎え、今まで韓国文化院でなかなか接することが出来なかった創作舞踊舞台を用意しました。韓国では唯一に振付師を養成する韓国芸術総合学校舞踊院の創作科の人材たちによる舞台で、韓国芸術の新しい姿を垣間見ることができます。

【PROGRAM】 ※プログラムは諸事情により変更になる場合があり...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/12/17 (土) ~ 2016/12/17 (土)
劇場 座・高円寺1
出演 ナム・ジョンホ、ソン・ジョンヒョン、キム・ヒョンホ、キム・ヨセプ、カン・スビン、イ・ジェソン
演出
振付 ナム・ジュオンホ、ソン・ジョンヒョン、他
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】
入場無料(TEL、窓口、申込フォームでの事前申込要)
サイト

http://za-koenji.jp/detail/index.php?id=1625

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12月17日(土)17:00
説明 年度末を迎え、今まで韓国文化院でなかなか接することが出来なかった創作舞踊舞台を用意しました。韓国では唯一に振付師を養成する韓国芸術総合学校舞踊院の創作科の人材たちによる舞台で、韓国芸術の新しい姿を垣間見ることができます。

【PROGRAM】 ※プログラムは諸事情により変更になる場合があります。
1. 秘めやかな同行
振付 | ソン・ジョンヒョン
音楽 | Meredith Monk -Tablet
出演 | キム・ジョンス、キム・ソン、ソン・ジョンヒョン
作品説明 | 安定と不安定の相反する性格を同時に持つ数字3についての作品。三人の間では常に独りぼっちになるのを避けるための静かな戦いが起こる。揺れ動く間柄の中から、安定を求める秘めやかな選択を、巧みな動きと脚色を最小化し、日常から見られるジェスチャーを通じた動きを研究し、間柄の本質を表現する。

2. コンベイトタ(Gom-bang-yi-teot-da)
振付 | キム・ヨセプ
音楽 | 4つのケンガリのための打楽器アンサンブル一式 – ユン・ヨンジュン
出演 | キム・ヨセプ
作品説明 | 低い身分に属しているが、興をわかせる能力をもつ「ナムサダン」の哀れな物語。
※タイトルの「コンベイトタ」は、ナムサダンに町での遊戯の披露を許諾する意味

常に人間は集団を成して暮らし、集団は階層をもたらす。
階層と階層が互いにぶつかり合い、そこから個人の生き方は進むべき道を強要される。
人は誰もがこれらを拒む欲望を持っており、与えられた運命を拒もうとするが、巨大な社会から個人で出来ることはそう多くないのが現実だ。いくらあがいても与えられた運命に逆らえないのが現代を生きる人々の姿ではないか?

3. Doll doll
振付 | キム・ヒョンホ
音楽 | A. Vivaldi Concerto for violin and string in e flat, Op.6/2, RV 259 3.Allegro
出演 | キム・ヒョンホ、ソン・ジョンミン
作品説明 | 人形が言う。「今日、私は人形が人間を操る公演をお見せします。とても滑稽なこの状況を通じて、あなた方が当然と思う上下関係を覆し、お見せする。

4. Maintain
振付 | イ・ジェソン、カン・スビン
音楽 | Robert Lippok [whitesuperstructure]
出演 | イ・ジェソン、カン・スビン
作品説明 | 個人、間柄、空間、感情を維持する際に起こる状況と動きを表現する。

5. パルレ
振付 | ナム・ジョンホ
音楽 | パク・ソンソン
出演 | ソン・ジョンヒョン、キム・ジョンス、イム・ダウン、シン・ウンジョン、イ・イェジ
作品説明 | 蒸し暑い夏の夜に寝つけない女性たちが集まり洗濯(パルレ)しながら、労働を尊い儀式として昇華させる韓国的な情緒と感受性を現代的に脚色した。真夜中、井戸に集まった彼女たちは何かを待っている。退屈を紛らすために彼女たちは洗濯をし、洗濯物が乾くまで遊びをする。

遊び道具は洗濯桶しかないが、何でも遊び道具として活用していた幼い頃を回想しながら、時には競争し、内面と対話し、そして運命に自分を預けながら一種の恍惚状態になる。夜明けが来ると彼女たちは乾いた洗濯物を取り込んで真夜中の散歩を終え、日常に戻る。
女性たちによる洗濯に関するこの作品は、1993年の「芸術の殿堂」の開館招聘公演として初めて披露された。それ以降、2005年にはPAMS(Performing Arts Market in Seoul)の初の海外進出作品として採択され、現在は世界各地の舞台で披露されている。
その他注意事項
スタッフ 芸術監督:ナム・ジョンホ
振付:ナム・ジュオンホ、ソン・ジョンヒョン、キム・ヨセプ、キム・ヒョンホ、イ・ジェソン、カン・スビン
舞台監督:イ・ジュヒョン
証明監督:チャン・ジンヨン
コーディネーター:キム・ダウン、キム・ウンギョン

主催: 韓国芸術総合学校
共催:駐日韓国大使館 韓国文化院、
協力:韓国観光公社、韓国コンテンツ振興院

[情報提供] 2016/12/27 10:37 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/12/27 11:27 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大